母校に里帰り

こんにちは!

動物看護師の小堀絢子です。

本格的な夏が始まり暑い日が続いていますが、みなさん夏バテはしていませんか?

 

先月私の母校である倉敷芸術科学大学に病院説明会で行ってきました!

病院説明会と言ってもみなさんには馴染みがないかもしれませんが、当院の組織構成、企業理念等を説明する場のことを言います。

未来の動物看護師を夢見る学生さん達がたくさん集まっていました。

  

コロナのご時世ですので、ちゃんとソーシャルディスタンスを保ちながら

懐かしい講義室での病院説明会で、学生時代を思い出しながら、当院の説明をさせてもらいました。

また、当院に実習に来たことのある学生さんも参加してくれ、私たちの顔を見ると嬉しそうに実習の時の感想を教えてくれたり、またその時聞けなかった質問をしてくれたりしました。

多くの学生さんと触れ合うことで、こんなことに興味があるのか!こういう疑問を持つのか!と知ることができ、私自身も勉強になった母校への里帰りでした。

 

今回の説明会を通して聞いた後輩たちの声を元に、今後動物医療に携わっていく学生さんたちが一人でも多く、ここの病院で働きたい!と思ってもらえる病院になるよう頑張ります!!

文庫「猫といっしょにいるだけで」

こんにちは、事務担当の寺林です。

2020年8月25日の今日は少しだけ、うん、ほんのちょっとだけ、暑さが和らぎましたね。

 

前々回は「猫のための家づくり」という本について書きましたが、今回は猫と過ごすほんわかとした日常を書いたエッセイ文庫について書きます。

 

タイトルは「猫といっしょにいるだけで」。

 

 

話の内容は、超スーパーザックリ手短に書くと、

  • 作者とその母が、生まれたばかりの子猫5匹とその母猫1匹を保護
  • 最初は飼う気がなかったのに、覚悟を決めて飼い始め、そのうち子猫4匹はもらわれる
  • 残る母猫の”ミミ”そして子猫の”太郎”の2匹とモフモフの生活を過ごす

という、よくありそうな物語です。よくありそうな物語なのですが、急いで全力読んだ方がいいです、京都市図書館なら2020/08/25 16:50現在2冊貸出在庫あります。

 

この本の素敵なところは、作者が元記者からのエッセイストという経歴もあるのか、猫がいる日常の小さな笑いや温もりを、読んでいる自分がまるでそこにいるかのように味わえるところです。出て来るのはほんとに普通のシーンなのですけどね、「クスッ」と笑えるポイント満載です。

 

いくつか文を拾ってみます。

~~~~~

しっぽは私たちの手と同じだった。ミミは甘えたい時、体を何度もすり付けて、しっぽを私の腕に絡ませるし、そばを通る時、挨拶代わりに、しっぽでポンと私の肩を叩いて行ったりする。太郎も母にかまって欲しい時、テレビを見ている母の目の前をわざと横切って、長いしっぽの先で母の鼻の下をスルーッとなでる。

~~~~~

作者は当初は「猫と会話できるわけがない」と思っていたようですが、猫が全身を使って表情たっぷりに語っていることに次第に気づいていきます。猫を飼っている飼い主の皆さんは、自分の子はどんな挨拶、構ってアピールしますか?

 

個人的に面白かったのは、子猫の太郎がダイソンの掃除機にビビリまくったままな様子に対して、

~~~~~

母「男なんだし、厳しく鍛えたほうがいいんじゃないかね」

作者「(一部省略) これが太郎なんだから」

母「いいのかね〜、このまま甘やかしてて」

作者「いいんだよ。どんなに甘やかしたって、大麻や覚せい剤はやらないもの」

母「……まあ、そうだね。大麻や覚せい剤はやらないね」

~~~~~

って会話しているところ。母は納得している模様で、母娘の口論は無事回避された様子です(笑)

 

 

猫好きの方はもちろん、猫飼ったことが無い方でも楽しめるものなので、ぜひ読んで妄想モフモフしていただけると幸いです。なお、本院本棚に明日26日から1冊置きますので、診察待ちの時などにどうぞ!

わんちゃんの咳

こんにちは。動物病院 京都 獣医師尾関康江です。
お盆が明けて本格的な暑さが続いておりますが、水分を摂って熱中症にならないように気を付けて下さいね。

今日は、わんちゃんの心臓病で多い僧帽弁閉鎖不全症についてお話したいと思います。ただの咳といっても心臓病の初期症状の可能性があります。

【病気の概要】
心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割をしています。人と同じように4つの部屋に分かれており、左右それぞれの部屋の間に弁があります。
左の心臓の間を仕切る弁を僧帽弁といい、この弁に異常が出て血液が逆流する病気が今回お話する内容です。
チワワ、シーズー、マルチーズ、ヨークシャテリアなどで5歳くらいから弁の変性が起こってきます。キャバリアは例外でもっと若いころからなることがあります。
1番最初に見られる症状は咳です。状態が進行すると肺にお水が溜まる“肺水腫”という状態になります。

【診断検査】
心臓の中を血液が流れる時に生じる異常な音が聴診器で聴こえます。これだけでは病気だと確定したり、重症度を判定できないので、レントゲン検査や超音波検査(血液検査)が必要になってきます。


 

 

 

 

 

 

1枚目が正常犬、2枚目が心臓が大きくなったわんちゃんのレントゲン画像になります。
真ん中にある白い部分が心臓に位置します。
少しわかりにくいですが、心臓のサイズが丸く、ボール状になって見えませんか。このように心臓病が進行していくことで大きくなっていきます。

【治療】
お薬による内科的治療と、手術による外科的治療があります。また重症度によって必要な内服は異なってきます。

【気を付けてほしいこと】
・日常生活で
・過度な運動やお散歩を避ける
・暑いところや、湿度の高い場所は避ける
・塩分の多い食事は避ける
・お家での元気さや舌の色、呼吸回数など細目に見る
といったことが大事になります。

初期は症状が軽かったり、日常生活ではわかりにくいことがあります。定期的な聴診が大事になってきますので、お散歩や予防のついでに病院に足を運んで下さいね。早めに治療を開始することで、寿命が延び、症状を改善することが証明されています。

暑いですので涼しくしてお過ごし下さい。何か気になられる症状がありましたらご相談下さい。

動物病院 京都
獣医師 尾関康江

こんなご時世だからこそ!

 こんにちは。動物病院京都 獣医師 中西寛です。

 暑い日々が続く中、皆様いかがおすごしでしょうか?世間では新型コロナウイルスが再び猛威を振るっておりお家の中で過ごされている方も多いかと思います。そこでこの機会にお家の動物さんを被写体(モデル)にしてiPhone・スマートフォンで撮影会をしてみるのはいかがでしょうか?趣味がカメラ(自称)の撮影時に気を付けたいことについてご紹介します。

1モデルのケア!そして部屋の掃除!

 モデルの子をブラッシングしたり、目やにをしっかりとってあげましょう。また、撮影する場所もしっかりきれいにしてから撮影を開始することをお勧めします。せっかく上手くとれたのに目やにが残ってたとか部屋の映ってほしくないものが移ってたとかは悲しくなります(私は似たようなことがよくありますので )。ついでに部屋の掃除もできて一石二鳥です!

2カメラの撮影は「連射撮影」に!

 動物さんはなにせよく動きます。単発撮影でうまくとれることなど皆無だと私は思います(寝顔ならいけます)。

3「追尾フォーカス」をオンに!

 「撮れた!」と思ったあとによく確認するとピントがずれていることがあります。悲しいです。失敗することはもちろんありますができるだけ失敗しないためにこの機能をお勧めします。

4ある程度「明るさ」のある部屋で!

 明るさがないと全体的に暗い印象の写真になってしまいます。また、明るい部屋でもカメラの機能の「露出補正(EV補正)」を利用すると違った雰囲気の写真がとれますので調節してみてください。

     

 こんなふうに明るさだけでけっこう違います。

 5「おやつ」や「おもちゃ」を活用!

なかなかこちらをむいてくれないときにご利用ください。ただし、すごく近づいてくることがあるので様子みながらご利用ください。また、声掛け・変な音も有効です。

 ほんとに基本的なことですが、皆様のペットライフの助けになれば幸いです。いい写真をとってアイコンにしていきましょう!

 撮影しているときはいつもより動物さんをしっかりみていることが多いです。その際にいつもと違うことに気付かれることもあると思います。その際は、一緒に動画も撮影いただき、ご来院ください。その小さなきっかけが動物さんの幸せにつながるかもしれます。ささいなことでもお力になりますので、お気軽にお尋ねください。

(協力:シャノ・バーマン・ナカニシと城陽市の人々)

当院薬袋ウラのイラスト

こんにちは、はたまた隠れキャラ、事務担当の寺林です。

熱中症で搬送される方が最近多いようなので、皆さんもお気をつけください、いえ、もっと具体的に言うと、喉が渇く前の水分補給をおすすめします!(あと、塩飴とかでのちょっとの塩分補給も)

 

今日はイラストのお話です。

当院で内服薬・外用薬をお渡しする時に入れている薬袋の裏側には↓こんなイラストがあります。

 

一般的な薬袋ってどうしても冷たい、事務的なのが個人的に嫌でして。

 

少しでも飼い主様がホッコリできるようなものが作れたらいいな、と思い新しいオリジナルの薬袋を考えていた時に思い出したのが、鹿島孝一郎さんという絵本作家の方の作品でした。

 

どんな絵を書いているかいうと、↓こんな感じ。

View this post on Instagram

【ORDER WORK】 今年最後の投稿はオレンジの #ウエディングケーキ です。 ご注文作品として描かせて頂いたのですが、 まさか描いた絵が、本物のケーキになるとは思っていませんでした。とっても嬉しかったです。 (最後の写真に載せました!!) . I chose an orange #weddingcake illustration for my last post of the year. This order work made me very happy. Because my illustration became a real wedding cake!! . title : wedding cake (orange) size : 273×273㎜ / December 21st,2019 / watercolor Paints : @winsorandnewton . . -ご挨拶- いつも応援ありがとうございます。 来年はまた新しい挑戦が色々ある予定です。 これからも投稿してまいります! 今後ともどうぞ応援宜しくお願い致します! . Thanks to your support, I’m able to continue. Enjoy the holidays! . . . . . #watercolor #weddingcakesideas #cakecakecake #childrenillustration #bookforkids #illustrationartist #illustrationnow #pasteldeboda #watercolor_art #orangecake #happyweddingday #koichirokashima #鹿島孝一郎 #イラストレーター #透明水彩 #絵本作家 #絵本 #ケーキ屋さん #結婚式 #えほん #水彩画 #結婚

A post shared by Koichiro Kashima / 鹿島 孝一郎 (@koichirokashima) on

 

独特の緻密さ・柔らかい色使いが特徴で、素敵ですよね。

 

2018年の冬、知り合いでもないネットで見かけただけの鹿島さんにこのイラストの依頼をする時に、「断られちゃうかな…」と思っていたんです。で、ダメもとで相談してみたら、あっさり快諾してもらえたので、とても嬉しかったのをよく覚えています。

 

ちなみにこのモデルは尾関先生・谷田先生のMixです。なので、ある意味誰にも似ていません(笑)

 

鹿島さんは他にもいろいろ絵を描いており、Instagramでその一部が見れるのでぜひ一度見てみてくださいー!

https://www.instagram.com/koichirokashima/?hl=ja

 

あ、最後にもう一度お伝えしますが、水分補給お忘れなく!

なぜ吠えるのか?

動物病院京都 獣医師の国本 将樹です。

梅雨が明けてからは一転、お天気続きで洗濯物がよく乾きますね!

チョコちゃんです。(^^♪

チョコちゃんも初めての京都の本格的な夏を体感中~

共に乗り切りましょう!!

  

今回はわんちゃんの「吠え癖」について少し書かせていただこうと思います。

 

飼い主さんが迷惑に感じている場合、これを問題行動といいます。

わんちゃんにとっては正常な行動であっても、人間からすると迷惑な行動だからです。

 

ここで一番大切なのは、わんちゃんにとっては「正常」な行動であることをこちら側が理解してあげることです。

 

では、そのまま吠え続けさせていてよいのか?

そうではありません!笑

 

では、解決方法を教えてください!

となりそうなところですが、 まずはなぜ吠えているのか?を考えることから始めましょう!

吠えている理由によって解決方法も変わってくるからです。

 

大きく分けると以下の3つになるかと思います。

自分のわんちゃんに当てはめて考えてみていただけると嬉しいです。

 

例えば、インターホンが鳴ったタイミングでわんちゃんが吠えだす場合、 これは大抵の場合は③に該当するかと思います。

こちらとしては、配達員さんが荷物を持ってきてくれて、用事を終えて帰っていっただけなのに、

わんちゃんは「吠えたら帰っていった」という想定外の勘違いをしているパターンです。

 

これで、①要求吠えと同じ解消方法を試していてもうまくいくはずはありませんね。

というわけで、今回は問題行動の原因特定の大切さについて書かせていただきました。

 

次回は解決編を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

動物病院 京都

獣医師  国本 将樹

皮膚がかゆい ~脂漏性皮膚炎の1例~ 2020年8月

こんにちは。
動物病院京都 院長の坂口邦彦です。

長く続いた梅雨も空けて、暑い日々が続きますね。
お家の中にいても急に熱中症になる可能性がありますので、水分補給を欠かさず体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

毎年のことですが、気温・湿度の高い時期はわんちゃんの皮膚病が悪化してくることが多くなってきます。今日は脂漏性皮膚炎の症例を紹介します。

脂漏性皮膚炎は、強いかゆみや赤み、べたべたと全身が脂っぽくなるのが特徴です。
下の写真は初診時の様子です。
首周りの皮膚は毛は抜け、皮膚はゴワゴワとした状態でした。
背中や足にも脱毛や赤みが見られており、毛や体の皮膚はかなり脂っぽくなっていました。
見るだけでもかゆくてつらそうな状態ですね。

 

初診時

 

この子は、自宅での薬浴と外用ステロイド剤を塗るのを飼い主様に頑張ってもらいました。
すると治療開始から1ヶ月後にはゴワゴワとした皮膚はやわらかい皮膚に戻り、毛も生えてきてくれました!
痒そうな様子もかなりおさまってくれてます。
3ヶ月たつと、 ほぼ元通りにまで改善!!

1ヶ月後

  

 

3ヶ月後

 

原因: 
遺伝的な問題やホルモン分泌の異常から過剰に皮脂が分泌され、脂をエサにするマラセチア(酵母菌、カビの一種)が増殖することで皮膚に炎症が発生
よく起こる犬種は、シーズー・ダックスフンド・プードル・マルチーズ・チワワなど

治療: 
薬用シャンプーで良く洗ってあげたり、外用のステロイド剤を用います。
重症の場合は内服剤も用いて治療していきます。

 

皮膚病を直していくには正しい診断と治療、そして飼い主さまの協力が必要です。
皮膚病は完治させるのが難しいこともありますが、決して治らないわけではありません。
すべての症例で、今回のようにうまく治療が進むというわけではありませんが、適切な検査とそれに基づく診断、さらに適切な治療を最後までしっかりとやり遂げることで皮膚は良くなります。
きれいな元の皮膚を取り戻すために、諦めずに立ち向かってあげてくださいね!

 

動物病院京都
院長 坂口邦彦

耳ダニに注意!

こんにちは、獣医師の吉田昌平です。

 

家のわんちゃん、猫ちゃんは、耳をかゆそうに、ぽりぽり引っ掻いていませんか?

 

 

特に、黒い耳垢が大量が出ている場合は耳ダニ(正式名称:ミミヒゼンダニ)に要注意です!!

 

耳垢を検査すると、耳ダニの成虫・幼虫・卵などが見つかることがあります。

顕微鏡で見ると、なかなかインパクトがありますが、肉眼ではほぼ見えないくらいの小ささです。

(こうゆうの苦手な人はごめんなさい。)

 

治療は非常にシンプルで、耳ダニに効く薬を首筋に垂らすことで治療することが可能です。

 

なかなか治らない耳のかゆみが、これだけで治りスッキリした時は、見つかって良かったといつも実感します。

 

もちろん、耳ダニ以外が原因でなかなか治らずに困っている子もいるので、耳でお困りの場合はいつでもご相談ください。

 

動物病院 京都
吉田昌平

 

ねこちゃんの室内飼育 ケージ飼いvs放し飼い  2020年更新

こんにちは 動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。
暑い日が続きますが、皆さま体調崩されていませんか?
本院に来院されているわんちゃんの皆様、実際にお会いできる日は少なくなりましたが、
実はこっそりカルテをチェックして元気か見ています(体重増えたりとかも見てますよ…笑)。

昨今のねこちゃんブームで、「初めてねこちゃんと生活する!」という方も多いのではないでしょうか?
以前は日中屋外で生活していて夜に帰ってくる、なんてことも多くあったと思いますが
今の主流は「室内飼育」
とはいえ、初めてねこちゃんを迎えてどういう環境がいいの?というお声もよく伺います。

突然ですが、ねこちゃんをお飼いの皆さまに質問です!
あなたのねこちゃんは
①ケージ飼育
②部屋を自由に放し飼い
どちらでしょうか? 
比較的ご質問が多いところかと思いますので、ご自身の生活スタイルと合うほうがどちらか
考えてみましょう!

皆さまご存知の通り(?)、 谷田家では現在自宅に1匹、実家にわんちゃんねこちゃんがそれぞれ3匹ずつ暮らしています。

さて谷田家のねこちゃんは・・・ 代々「ケージ派」です。
といっても、ずっと入っているわけではありません。
人の目が届くときは出して遊んでいます。
では、まずケージ飼いのメリットについてお話しましょう♪
※写真は我が家の末っ子「玖助(きゅうすけ)」です。伊勢のおかげ横丁に行った翌日くらいに開いていたので、イタズラされました…
 
 ↑おかげ横丁のねこさん

↑玖助

【メリット】
①トイレ
 個々に与えられているので下痢や血尿などの変化に気付きやすい。
特に我が家のように多頭飼育されている場合よく耳にするのが
「多分 おしっこ出ているとは思います・・・」というような声です。
ケージの中でしてくれれば誰のうんちやおしっこか一目瞭然!

②食事管理
1匹ずつのケージであればなおのこと、その子が食べている食事量がわかります。
最近残すようになった、食べ方が変わったなどもわかりやすくなります。
多頭飼育で誰かが療法食しか与えてはいけない場合の管理もしやすいです!  

③異物摂食の防止
「紐状のおもちゃを飲み込んでしまいました!」というようなお話をよく伺います。
腸に詰まってしまったら、手術で取り出すことになり、状態によっては命の危険もあります。
ケージの中にいれば、その中に飲み込めそうなものがない限り、誤食のリスクは極めて低くなります。 また、仮に飲み込んでしまったとしても、その中に入っていたものになるので確実に飲み込んだか否かは放し飼いの子たちよりは明確になるでしょう。 

④ホテル、入院などのストレス軽減
病気になってしまうと入院を余儀なくされることもあります。
また、ご家族でどこかにお出かけになる際にペットホテルを利用したいということもあるでしょう。 当院でのねこさんのホテルは基本的にお部屋に入っていただいて過ごしていただくという形です。
その場合、普段入ったこともない狭い空間にいきなり入って出してもらえないとなると、相当なストレスが掛かることが予想されます。
日頃から慣れていてもらうと比較的抵抗がないかもしれません。 

←病院での玖助。伸びてリラックスしています…
 「ごはんまだですか?」
 その後、看護師さんからいっぱいご飯をもらいました♪
 そして、食べ過ぎて吐きました…

 

 

 

 

 

長くなってまいりましたので、この辺で。
このテーマでの投稿をしてから、すでに4年が経っていたことに驚いております。
月日が経つのが早いです
放し飼い編についてまだ投稿できていませんでしたので、今月中には投稿したいと思います!

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

猫の下痢について 2020年度ver

こんにちは。
動物病院京都 獣医師の園田祐三です。

猫の下痢の原因は大きく分けて
①感染症(原虫・寄生虫・細菌など)
②食餌性
③腫瘍
④アレルギー性
⑤ストレス性(精神因)
などがあります。

若い猫であれば、
・感染症
・食餌性
・ストレス
が多いです。
年をとってくると
・感染症
・腫瘍
の割合が増える傾向が高いと感じます。

飼い主様の一番の願いは、
「下痢を早く治し、普通の状態に戻って欲しい」
ことだと思います。
獣医師としても同じ思いで治療していく中で、大事なのは
症状が
急性or慢性
なのかです。

2-3日以内の急性の下痢の場合は、整腸剤の投薬や食餌のケア、環境を整えたりすることで治ることがほとんどです。
2週間以上続いたり、一旦治まっても再発したりする場合は、慢性下痢という範疇になります。
その場合には、精密なチェックをしたほうがいいでしょう。

精密なチェックのメインは、
・レントゲン検査
・血液検査
・超音波検査
です。検査によって、判明した原因の治療を実施すれば慢性下痢でも良くなることがほとんどです。

それでも良くならない場合には、
・内視鏡検査
・生検
・CT検査
などを、飼い主様とご相談しながら方針を決めていきます。

余談ですが、この写真の猫さんは、野良猫さんで蛙を捕まえて、食べていました😅
蛙は、マンソン裂頭条虫という寄生虫をもっていることがあり、ねこにも感染します。野良猫さんは、自由気ままに、蛙をとったりスズメをとったりしますが、平均的な寿命は4-5年と言われています。おそらく、蛙をとってマンソン裂頭条虫をもらって慢性の下痢になり栄養不良になったり、ウィルスにかかって衰弱したりすることが、室内飼育の猫さんより多いからなのだと思います。

慢性の下痢等の場合は、基本に忠実にまず、こういった寄生虫の駆除を並行して治療することも多いです。

下痢とはいえ、いろいろな原因があります。なにかお困りことがあればご相談頂ければと思います。

動物病院京都
代表 獣医師 園田 祐三

1 2