猫の下痢について 2015年9月

こんにちは。

動物病院 京都 院長の 園田 祐三です。

今年は、京都市内で子猫を保護されて、ご来院される方が去年、一昨年と比べると

比較的多いようです。

その分、病気も多く、子猫の目やに・くしゃみ・鼻水、また下痢、皮膚病など様々です。

中でも、今回は特に最近よく見かける、子猫の下痢の原因のひとつである、コクシジウム症について、お伝えしていきたいと思います。

子猫さんは、母猫の母乳を摂取することによって、母猫から合わせて、免疫をもらいます。ただ、それと同時に、母猫が猫エイズや猫白血病ウィルスなどにかかっている場合には、感染をしてしまうこともあります。

そのような中で、生後しばらくは大丈夫なのですが、しばらくすると、でてくる症状として、子猫さんの下痢があります。

下痢には、細菌性・ウィルス性・寄生虫性・食事性など様々な原因がありますが、特に今回は、ここ最近、京都でよく流行っているコクシジウム症についてです。

 

コクシジウムとは、ねこちゃんの内部寄生虫の一種で、イソスポラ、トキソプラズマ、クリプトスポリジウムなどが、含まれています。

主に、糞便中に排泄されるため、親猫がかかっていた場合、親の糞便に接触することで、子猫のうちから感染していることも多いです。

症状は、主に下痢をメインとします。感染が中等度から重度である場合は、下痢や衰弱から死亡することもある怖い病気です。

また、ここ京都では特に最近よく診ることが多い寄生虫で、非常に注意が必要だと思っています。

子猫はよく下痢することも多いですが、なんとなく痩せているこだなぁ、少し普通の個より元気なく、発育が悪いなぁというときにはコクシジウム症の可能性もあります。

検査法は、ショ糖あるいは飽和食塩水などを用いた浮遊法が検出しやすいです。濃厚感染の場合は、そういった方法をしなくても検出されることもありますが、基本的には浮遊法を実施したほうがいいでしょう。(浮遊法の検査時間は約10-15分)

治療法は、イソスポラ等の場合は特に確立されており、コクシジウム症用の内服薬を数週間投薬すれば、治療できます。

成猫は、コクシジウムにかかっていても、あまり症状が出ないことが多いです。したがって、成猫の下痢はコクシジウム症でない場合も多いです。このことは、逆に症状のない成猫が、糞便中にコクシジウムをばらまいているという風に考えることもできます。それに触れた子猫さんがコクシジウムに罹患し、重症化することも多いということです。

その際に、気をつけねばならないことは、コクシジウムのタマゴのようなものであるものをオーシストと呼ぶのですが、そのオーシストは、非常に消毒薬に抵抗性があり、塩素やアルコールなどでは死滅しにくいことが特徴で、糞便で汚れた、ケージ、タオル、食餌の容器などなどがコクシジウム症の再感染を引き起こすことも多々あるため、特殊な消毒剤を使用するか、もしくは熱湯消毒・天日干しなどを併用しながら、環境の浄化にも努めなければなりません。

子猫さんがかかる病気には、他にもたくさんありますが、今回は京都で特に今年注意すべきコクシジウム症を取り上げました。

また、わからないことがあれば、お電話にても問い合わせ承っておりますので、お問い合わせください。

動物病院 京都

院長 園田 祐三

電話番号:075-465-3330

E-mail:info@animal-kyoto.jp

9月、10月 院長 診察スケジュール

こんにちは。

動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

院長 園田 

9月15・29日(火) 19:00までの受付(通常は20時)

皮膚科 埼玉県への出張のため

10月12日(月・祝) 終日休診  

外科セミナー参加のため

10月20日(火) 19:00までの受付(通常は20時)

皮膚科 埼玉県への出張のため

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。

10月の各獣医師の休診予定です。

こんにちは。

動物病院 京都 院長の園田 祐三 です。

10月度の各獣医師の休診予定です。

院長 園田  水曜日・木曜日

獣医師 坂口 火曜日・隔週日曜日(10月11・25日出勤)

獣医師 吉田 金曜日・日曜日

獣医師 谷田 月曜日・木曜日

 

詳しくは

http://www.animal-kyoto.jp/shift/

こちらを御覧ください。

9月21・22・23日は午前診療のみとなっております 2015年9月

こんにちは。

動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

暑い日が続きますが、最近は朝晩比較的涼しく寝苦しい時期は過ぎ去ったような

感じですね。

さて、9月の大型連休の当院の診察スケジュールです。

9月19日(土) 通常診察(9:00~12:00 16:00~20:00)

9月20日(日) 通常診察(9:00~12:00 14:00~17:00)

9月21日(月・祝) 短縮診察(9:00~12:00 午後休診)

9月22日(火・祝) 短縮診察(9:00~12:00 午後休診)

9月23日(水・祝) 短縮診察(9:00~12:00 午後休診)

となっております。

上記の診察時間以外での診察は、時間外診療がかかりますので

予め御了承ください。

動物病院 京都

院長 園田 祐三

耳の毛の脱毛症 2015年9月

こんにちは。

動物病院 京都 院長の 園田 祐三です。

今年の夏は、暑さが凝縮していた分、涼しさの到来が早かったような気がします。

最近では、夜寝るときに、夏用のタオルケットでは風邪を引いてしまいそうなぐらい

冷え込むことがおおいですね。

さて、多くの皮膚症例、下痢嘔吐などの消化器疾患、またその他、骨折、膝関節脱臼、大腿骨脱臼などの整形外科疾患、僧帽弁閉鎖不全症、猫の肥大型心筋症などの循環器疾患、肺炎、気管虚脱、軟口蓋過長症などの呼吸器疾患、糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能低下症・亢進症などの内分泌疾患など、様々な病気・疾患を毎日診察しております。

様々な症例を診察させて頂いているのですが、当HPになかなかアップできずに申し訳なく思っていましたが、ようやくアップすることができました。

今回は、最近特に多い、皮膚科での症例です。

よくみる、耳介部(人でいう耳たぶ)の脱毛症についてです。

1歳のトイプードルさんの耳の毛の写真です。

写真は左耳ですが、左右の耳ともに同じような脱毛が認められました。

毛検査や皮膚スタンプ検査などその他の検査を実施し、毛包虫症や細菌感染、真菌感染などが否定的でした。

本人は痒みもなく気にもしていないということ、血管の走行などから考え耳介の血管の循環障害・血行障害を疑い、ビタミン剤などのマイルドな内服にて治療を開始しました。

1ヶ月半後の写真です。

脱毛症の治療期間は、他の皮膚症例よりかはやや長く、2-3ヶ月は少なくとも続けなければなりませんが、今回のトイプードルさんは、途中経過としては非常に順調な経過をたどっていました。

治療開始後3ヶ月後の写真です。

写真は左耳ですが、左右ともに発毛が認められ、完全に脱毛部位がわからなくなっています。

下に初診時と、発毛時の写真を並べます。

今回は、耳介部の血行障害を疑い、ビタミン剤やサプリメントなどのマイルドな内服によって、功を奏しましたが、一般的には脱毛症は、やや骨が折れることも多い病気のひとつです。

単純に、毛包虫などといった、毛包にひそみ脱毛症をひきおこす寄生虫がいることもあり、そうゆう場合は、ビタミン剤などの投薬では、到底治療がかないませんので、そういった虫を退治する薬を注射したり、投薬したりします。

皮膚科受診の症例で、多いのは膿皮症、犬アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、疥癬アレルギー、ノミアレルギー、毛包虫症、糸状菌症などです。

皮膚病の場合、本人の体質のこともあり、継続的な治療をすることで、いい状態を維持するといった症例も多いです。

薬浴、サプリメントなどはもちろん、減感作療法、シクロスポリン療法、インターフェロンなどを使用し極力ステロイドを使用せず、あるいは減薬しながら、皮膚病をコントロールしています。

なかなか毛が生えない、痒みがきついなど皮膚病で悩んでおられる場合は、一度ご相談に来て頂ければと思います。

長年に続く慢性的な皮膚科症例については、院長 園田が主に診察しておりますので、勤務表↓↓↓

http://www.animal-kyoto.jp/shift/

をご確認の上、ご来院下さい。

動物病院 京都

院長 園田 祐三

お知らせ~各獣医師の出勤日について 2015年9月

こんにちは。

動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

9月の各獣医師の出勤表は、当院のHP内の獣医師出勤表通りですが

http://www.animal-kyoto.jp/shift/

曜日によりわかれているので、以下に記載致します。

院長 園田 祐三   水曜日・木曜日 休診

獣医師 坂口 邦彦  火曜日・隔週日曜日 休診

獣医師 吉田 昌平  金曜日・日曜日 休診

獣医師 谷田 美和子 月曜日・木曜日 休診

 

動物病院 京都

院長 園田 祐三