皮膚がかゆい ~脂漏性皮膚炎の1例~ 2020年8月

こんにちは。
動物病院京都 院長の坂口邦彦です。

長く続いた梅雨も空けて、暑い日々が続きますね。
お家の中にいても急に熱中症になる可能性がありますので、水分補給を欠かさず体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

毎年のことですが、気温・湿度の高い時期はわんちゃんの皮膚病が悪化してくることが多くなってきます。今日は脂漏性皮膚炎の症例を紹介します。

脂漏性皮膚炎は、強いかゆみや赤み、べたべたと全身が脂っぽくなるのが特徴です。
下の写真は初診時の様子です。
首周りの皮膚は毛は抜け、皮膚はゴワゴワとした状態でした。
背中や足にも脱毛や赤みが見られており、毛や体の皮膚はかなり脂っぽくなっていました。
見るだけでもかゆくてつらそうな状態ですね。

 

初診時

 

この子は、自宅での薬浴と外用ステロイド剤を塗るのを飼い主様に頑張ってもらいました。
すると治療開始から1ヶ月後にはゴワゴワとした皮膚はやわらかい皮膚に戻り、毛も生えてきてくれました!
痒そうな様子もかなりおさまってくれてます。
3ヶ月たつと、 ほぼ元通りにまで改善!!

1ヶ月後

  

 

3ヶ月後

 

原因: 
遺伝的な問題やホルモン分泌の異常から過剰に皮脂が分泌され、脂をエサにするマラセチア(酵母菌、カビの一種)が増殖することで皮膚に炎症が発生
よく起こる犬種は、シーズー・ダックスフンド・プードル・マルチーズ・チワワなど

治療: 
薬用シャンプーで良く洗ってあげたり、外用のステロイド剤を用います。
重症の場合は内服剤も用いて治療していきます。

 

皮膚病を直していくには正しい診断と治療、そして飼い主さまの協力が必要です。
皮膚病は完治させるのが難しいこともありますが、決して治らないわけではありません。
すべての症例で、今回のようにうまく治療が進むというわけではありませんが、適切な検査とそれに基づく診断、さらに適切な治療を最後までしっかりとやり遂げることで皮膚は良くなります。
きれいな元の皮膚を取り戻すために、諦めずに立ち向かってあげてくださいね!

 

動物病院京都
院長 坂口邦彦

耳ダニに注意!

こんにちは、獣医師の吉田昌平です。

 

家のわんちゃん、猫ちゃんは、耳をかゆそうに、ぽりぽり引っ掻いていませんか?

 

 

特に、黒い耳垢が大量が出ている場合は耳ダニ(正式名称:ミミヒゼンダニ)に要注意です!!

 

耳垢を検査すると、耳ダニの成虫・幼虫・卵などが見つかることがあります。

顕微鏡で見ると、なかなかインパクトがありますが、肉眼ではほぼ見えないくらいの小ささです。

(こうゆうの苦手な人はごめんなさい。)

 

治療は非常にシンプルで、耳ダニに効く薬を首筋に垂らすことで治療することが可能です。

 

なかなか治らない耳のかゆみが、これだけで治りスッキリした時は、見つかって良かったといつも実感します。

 

もちろん、耳ダニ以外が原因でなかなか治らずに困っている子もいるので、耳でお困りの場合はいつでもご相談ください。

 

動物病院 京都
吉田昌平

 

ねこちゃんの室内飼育 ケージ飼いvs放し飼い  2020年更新

こんにちは 動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。
暑い日が続きますが、皆さま体調崩されていませんか?
本院に来院されているわんちゃんの皆様、実際にお会いできる日は少なくなりましたが、
実はこっそりカルテをチェックして元気か見ています(体重増えたりとかも見てますよ…笑)。

昨今のねこちゃんブームで、「初めてねこちゃんと生活する!」という方も多いのではないでしょうか?
以前は日中屋外で生活していて夜に帰ってくる、なんてことも多くあったと思いますが
今の主流は「室内飼育」
とはいえ、初めてねこちゃんを迎えてどういう環境がいいの?というお声もよく伺います。

突然ですが、ねこちゃんをお飼いの皆さまに質問です!
あなたのねこちゃんは
①ケージ飼育
②部屋を自由に放し飼い
どちらでしょうか? 
比較的ご質問が多いところかと思いますので、ご自身の生活スタイルと合うほうがどちらか
考えてみましょう!

皆さまご存知の通り(?)、 谷田家では現在自宅に1匹、実家にわんちゃんねこちゃんがそれぞれ3匹ずつ暮らしています。

さて谷田家のねこちゃんは・・・ 代々「ケージ派」です。
といっても、ずっと入っているわけではありません。
人の目が届くときは出して遊んでいます。
では、まずケージ飼いのメリットについてお話しましょう♪
※写真は我が家の末っ子「玖助(きゅうすけ)」です。伊勢のおかげ横丁に行った翌日くらいに開いていたので、イタズラされました…
 
 ↑おかげ横丁のねこさん

↑玖助

【メリット】
①トイレ
 個々に与えられているので下痢や血尿などの変化に気付きやすい。
特に我が家のように多頭飼育されている場合よく耳にするのが
「多分 おしっこ出ているとは思います・・・」というような声です。
ケージの中でしてくれれば誰のうんちやおしっこか一目瞭然!

②食事管理
1匹ずつのケージであればなおのこと、その子が食べている食事量がわかります。
最近残すようになった、食べ方が変わったなどもわかりやすくなります。
多頭飼育で誰かが療法食しか与えてはいけない場合の管理もしやすいです!  

③異物摂食の防止
「紐状のおもちゃを飲み込んでしまいました!」というようなお話をよく伺います。
腸に詰まってしまったら、手術で取り出すことになり、状態によっては命の危険もあります。
ケージの中にいれば、その中に飲み込めそうなものがない限り、誤食のリスクは極めて低くなります。 また、仮に飲み込んでしまったとしても、その中に入っていたものになるので確実に飲み込んだか否かは放し飼いの子たちよりは明確になるでしょう。 

④ホテル、入院などのストレス軽減
病気になってしまうと入院を余儀なくされることもあります。
また、ご家族でどこかにお出かけになる際にペットホテルを利用したいということもあるでしょう。 当院でのねこさんのホテルは基本的にお部屋に入っていただいて過ごしていただくという形です。
その場合、普段入ったこともない狭い空間にいきなり入って出してもらえないとなると、相当なストレスが掛かることが予想されます。
日頃から慣れていてもらうと比較的抵抗がないかもしれません。 

←病院での玖助。伸びてリラックスしています…
 「ごはんまだですか?」
 その後、看護師さんからいっぱいご飯をもらいました♪
 そして、食べ過ぎて吐きました…

 

 

 

 

 

長くなってまいりましたので、この辺で。
このテーマでの投稿をしてから、すでに4年が経っていたことに驚いております。
月日が経つのが早いです
放し飼い編についてまだ投稿できていませんでしたので、今月中には投稿したいと思います!

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

猫の下痢について 2020年度ver

こんにちは。
動物病院京都 獣医師の園田祐三です。

猫の下痢の原因は大きく分けて
①感染症(原虫・寄生虫・細菌など)
②食餌性
③腫瘍
④アレルギー性
⑤ストレス性(精神因)
などがあります。

若い猫であれば、
・感染症
・食餌性
・ストレス
が多いです。
年をとってくると
・感染症
・腫瘍
の割合が増える傾向が高いと感じます。

飼い主様の一番の願いは、
「下痢を早く治し、普通の状態に戻って欲しい」
ことだと思います。
獣医師としても同じ思いで治療していく中で、大事なのは
症状が
急性or慢性
なのかです。

2-3日以内の急性の下痢の場合は、整腸剤の投薬や食餌のケア、環境を整えたりすることで治ることがほとんどです。
2週間以上続いたり、一旦治まっても再発したりする場合は、慢性下痢という範疇になります。
その場合には、精密なチェックをしたほうがいいでしょう。

精密なチェックのメインは、
・レントゲン検査
・血液検査
・超音波検査
です。検査によって、判明した原因の治療を実施すれば慢性下痢でも良くなることがほとんどです。

それでも良くならない場合には、
・内視鏡検査
・生検
・CT検査
などを、飼い主様とご相談しながら方針を決めていきます。

余談ですが、この写真の猫さんは、野良猫さんで蛙を捕まえて、食べていました😅
蛙は、マンソン裂頭条虫という寄生虫をもっていることがあり、ねこにも感染します。野良猫さんは、自由気ままに、蛙をとったりスズメをとったりしますが、平均的な寿命は4-5年と言われています。おそらく、蛙をとってマンソン裂頭条虫をもらって慢性の下痢になり栄養不良になったり、ウィルスにかかって衰弱したりすることが、室内飼育の猫さんより多いからなのだと思います。

慢性の下痢等の場合は、基本に忠実にまず、こういった寄生虫の駆除を並行して治療することも多いです。

下痢とはいえ、いろいろな原因があります。なにかお困りことがあればご相談頂ければと思います。

動物病院京都
代表 獣医師 園田 祐三

子猫たちとの日常

こんにちは

動物病院京都 獣医師の酒井です。

 

いよいよ京都も夏本番ですね!
暑い日が続いているので熱中症が怖いですが、しっかり水分補給を行って体調を崩さないようにしましょう。


うちの猫ちゃんたちも最近冷たいフローリングで寝転がっている姿をよく見かけます。
くっつくと暑いのか微妙な距離がありますね…

今回は当院のブログやTwitterでたびたび登場している酒井家の子猫ちゃんたちを紹介していこうかと思います。

まずは一番体が大きく大食らいでちょっと鈍くさい黒猫の男の子、ぼたもちくんです。


とにかく食欲がすごいです!そのおかげで3か月齢にしてお腹がすごいことに…
まあ、たくさん食べるのは元気な証拠!いっぱい食べてどんどん大きくなってほしいですね~

次は茶トラの仲良し兄弟です。
顔がスマートで赤い首輪がトレードマークの女の子、おつきちゃん
丸顔で青い首輪がトレードマークの男の子、こむぎくんです。

おつきちゃんはツンデレで一番猫ちゃんらしい性格かもしれません。さみしがり屋な一面もあって一人になるといつもぼたもちくんやこむぎくんを呼んでます。

こむぎくんは3頭の中で一番マイペースな男の子です。そして紐系のものが大好物…
家のパーカーやズボンの紐はこむぎくんのおかげでボロボロです。紐を飲み込んで内視鏡やお腹開ける…なんてことにならないよう気を付けなければ…

3頭とも性格は全然違いますが、共通しているのはとにかく可愛い!というところ。
甘えん坊でも、そっけなくてもそれがまたいい!
猫さんのどこに魅力を感じるのかは飼い主さんによってそれぞれだと思いますが、自分の家の子が一番かわいいと思うのは同じですよね。

今後もこの子達の成長をちょくちょく報告していこうと思います。
今は3頭ともやんちゃ盛りですが、これからどんな大人の猫さんに育っていってくれるのかすごく楽しみです。

 

これからもブログやTwitterでも登場するので、チェックよろしくお願いします!

ねこの病院にも出勤するかも!?

動物病院 京都
獣医師
酒井 宥太

キャットウォークってどう作る?

来週の梅雨明けの猛暑に今からビビってる、事務担当の寺林です。

 

ニャンコ飼い主の皆さま、「キャットウォーク」ってなんかワクワクしません?

 

買ってきて組み上げるキャットタワーは気軽なものの、水平方向の範囲は小さいですよね。愛する自分のニャンコのために、高いところで、もっと横方向にも自由に遊べるキャットウォークをいつかは欲しい!付けたい!という方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

私は最近ふと「ハテ、キャットウォークといっても、実際付けるとなったらどういう幅で、どんな高さで作ればいいのかな?」と疑問に思い、なんかいい本ないかなーと、大きな書店でいくつか本を読み漁ってきました。

 

で、今回紹介するのは、

その本屋で見つけた↓この本です!!

「猫のための家づくり」(エクスナレッジ刊)

エクスナレッジ社は少し専門的な建築、インテリア、デザインの本を多く発行している出版社です。

 

主筆者は、猫に詳しい哺乳類学者の今泉氏、犬猫のためのインテリアに詳しい一級建築士の金巻氏・廣瀬氏の3名です。

 

例えばキャットウォークに関するページの一部はこんな感じ。(Amazonの商品ページより拝借)

※スマホで見ている方はピンチアウト(指2本を画面に置いて広げて拡大)して見てみてください

 

キャットウォークだけでなく、

  • 猫窓
  • 水飲み場
  • トイレ
  • 寝床

などなどについて、いろいろ具体的な提案が書いてあります。動物病院としては、トイレの項目をぜひご覧になっていただきたいです。

 

自分にとって「おぉ!」という新しい発見は「家の中で、猫ケージを開けて置いておいて(インテリアの一部にしちゃって)、猫の日常居場所のひとつとしておく。そうすれば、動物病院に連れて行く時や避難時に猫にとってストレスになりにくい」という点でした。

たしかに言われてみれば、猫にとってケージが「外に連れてかれる時に入れられるもの、なんかイヤーな出来事が予想される悪魔の箱」ではなくて、「リビングのひとつのクッション」みたいな存在だと、きっとストレス減りますよね。

 

私が読んだ感じ、この本の良さは以下3点かな、と思います。

  1. 具体的な寸法・角度・素材などが書いてあって参考にしやすい
  2. 写真やイメージが豊富で読みやすいし、何より楽しい
  3. 猫の特性を正しく理解している人が書いているので、猫側にとっての楽しさ・心地よさがちゃんと考慮されている

 

8/3から本院の待合室に1冊置いておりますので、もしご興味ごさいましたら手に取って読んでいただけると幸いです。

長文読んでくださいまして、ありがとうございます

m(_ _)m

まいちゃんを連れ帰りました

こんにちは、動物看護師の家段 涼香です。
皆さんお元気でしょうか?
とても大変な時期ですが、頑張って乗り越えましょう!

まずは、まいちゃんの紹介をさせて頂きたいと思います。
すでにご存じの方もたくさんおられるかと思いますが、まいちゃんはねこの病院(動物病院京都の分院)の看板猫です。
待合室のガラス張りのお部屋にいます(^^) 外からも見れますので、ぜひ会いに行ってあげて下さい!!

私のお家では ゆず(コーギー)を飼っています。
以前から ねこも飼いたい。と思っていましたが、ゆずとの相性などのこともあるので悩んでいました。
ゆずには ねこ慣れしてもらう。
まいちゃんは病院が休診の日も基本ずっと病院にいるので、たまには気分転換にお泊まりしてもらいました!

今回まいちゃんとゆずを家で初めて会わせましたが、
初めて会わす際は、相性やストレスなどのことがあるので、無理せず徐々に会わせた方が望ましいです。
急に会わせてしまうと先住犬や先住猫、または新しく飼う子が膀胱炎や食欲不振、嘔吐や下痢などの症状が出てしまう事があります。
症状が出ることもありますが、症状が何も出ないこともあります。
会わせてみないと分からないこともありますが、今後2頭目飼う予定の方や、
わんちゃんが居てねこちゃんも飼いたいと思っている。(その逆も)という方は、初めて会せる際の流れや気を付ける点などを少しでも参考にして頂ければ嬉しいです。

ベストな流れ
①お互いのにおいのついた物を嗅がせて存在を意識させる
②扉越しや隣の部屋で声が聞こえる(姿は見えない)環境にする
③同じ空間にいる環境にする
 ・2人ともケージor1人だけケージ
 ・距離は離す
 ・無理に近づけない
④お互い自由にお部屋移動できるようにする
(ご不明な箇所がありましたら、獣医師または看護師にお気軽に質問してください!)

今回ゆずとまいちゃんは③からの環境で会わせてみました。
ゆずはケージの中、まいちゃんは毛布に包まれているだけで、移動は出来るようにしてみました。(距離は近すぎず、遠すぎずです。)
お互いを近づけたりはせず、お互いが同じ空間にいるだけの環境を作り、しばらく放置していたところ、恐る恐る辺りを見渡しながら移動していました(^^)

夜寝る際は、私の部屋で自由にさせていましたが、初めての場所で落ちつかないのかずっと移動してました。
人生で初めて、寝ている自分の上を歩いて行かれました!
首の上や足元で寝る子や踏んでいくなど色々お話は聞いていましたが、本当に驚きました…
最終的には落ち着いて伸びやあくびをしていました!!

また第2回載せますので、お楽しみにしていてください!!

動物病院 京都
動物看護師
家段 涼香

わんちゃんのバイタルサインってどんなもの?

こんにちは。
動物病院 京都の獣医師 尾関康江です。
梅雨も明け、夏まっしぐらとなりましたね。夏がとても苦手な私は、今から今年乗り切れるかそわそわしています。

 

今回はわんちゃんの身体で知っておいてもらいたいことを書きたいと思います。
・基礎体温ってどれくらいでしょうか?
37度後半から39.2℃くらいです。
え?!私達だと発熱ですよね。わんちゃんは、39℃あっても小型犬だと基準範囲内、大型犬だと微熱に相当するんです。
ただ、わんちゃんによって平熱が異なるので、体が熱っぽい状態が続く場合は早めに病院に来て下さいね。また、体温は基本的にお尻(直腸温)で測定します。ちょっと恥ずかしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

・呼吸回数は1分間でどれくらいでしょうか?
小型犬で20-30回、大型犬で15回ほどになります。大型犬の方が少なめで、熱が高くなってくると回数が増えてくることが多いです。
お家でゆっくり過ごしているときに、10秒間の呼吸回数を測定し、普段どれくらいか数えて見て下さいね。

 

・心拍数は1分間でどれくらいでしょうか?
小型犬で6080回、大型犬で4050回ほどになります。私達は手首に指先をあてるとトク、トクと振動が伝わりますね。では、わんちゃんはどこでそれが分かるのでしょうか?後ろ足の内側、ちょうど太ももの内側に大きな血管が走っています。私のつたない絵心では分かりにくいかもしれませんので、診察に来られた際でもお尋ね下さい。

 

これらはTPRと呼ばれるわんちゃんの健康状態の重要な指標(バイタルサインの1部)となります。TPRとは体温、心拍数、呼吸数の英語の頭文字をとったものになります。他に、わんちゃんの普段の舌の色や、鼻先が湿り具合などもみてあげて下さい。もし、何かご心配ごとがありましたら早めに病院を受診してくださいね。

今回はスタッフの愛犬ゆずちゃんがモデルになってくれました。ゆずちゃんのことは、近々ブログに掲載される予定ですので、是非読んでみて下さいね。ゆずちゃんありがとう☆。

 

動物病院 京都
獣医師 尾関 康江

膿皮症の話 2020年7月

こんにちは。動物病院京都院長の坂口邦彦です 

気温もだいぶあたたかくなってきましたね。この時期になると、保護されたばかりの子猫さんのにゃあにゃあと鳴く可愛らしい声がよく診察室で響いています。 

 

さて、気温や湿度が高くなるにつれて、皮膚病の悪化もよく起こってきます。今日はこの時期に多くなってくる「膿皮症」の話をします。 

膿皮症とは、皮膚の細菌感染によっておこる皮膚病のことです。 

皮膚表面の毛穴から細菌が感染し、赤いブツブツや膿疱(膿が溜まった水たまり)ができてきて、それが破裂してフケや脱毛が発生します。 

下の写真のように輪っか状に皮膚が薄くめくれることがみられます。 

 

   

  

 

原因: 

ブドウ球菌の一種 Staphylococcus pseudintermediusの感染で起こります。 

この菌は正常な犬の皮膚の表面に普段から存在しています。 

 

治療: 

抗菌作用のあるシャンプー剤で洗います。 

シャンプーだけでいまいち直りが悪いときは、抗菌剤を使うこともあります。 

不用意に抗菌剤を使うと、耐性菌(抗菌剤が効かない細菌)が生まれてしまうため、細菌培養・感受性試験(どんな細菌がいて、どんな薬が効くかを調べる検査)を行って、適切な抗菌剤を選んでいきます。 

 

膿皮症は特殊な菌が感染する皮膚病というわけでなく、環境(高気温や高湿度)や皮膚のバリア機能の低下によって起きる病気です。 

ホルモンバランスの崩れやアレルギーが感染悪化の要因となることもあります。 

 

膿皮症はわんちゃんでよく起こる皮膚病です。なかなかよくならず、痒くてつらそうで困っている飼い主様がいらっしゃいましたら一度ご相談していただければと思います。 

 

動物病院京都 

院長 坂口邦彦 

初めまして!新人獣医師の佐藤です!

はじめまして!
動物病院京都本院に今年4月から勤務してます獣医師の佐藤 良(さとう りょう)です!

今週はぼくの自己紹介をさせていただきたいと思います!!

~~Dr.佐藤     ってこんな人~~

・生年月日 1990年3月5日(30歳)
・出身地  大分県
・出身大学 岩手大学獣医学科
・体重   108 kg
・趣味   愛犬の散歩、食べる、飲む、寝る、ダイエット
・愛犬   柴犬の珠杏(すず)

↓↓↓↓↓↓↓愛犬の最高にかわいい写真です↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑愛犬の最高にかわいい写真でした↑↑↑↑↑↑↑↑

大分生まれ、大分育ち、生粋の九州男児っ子ですが、

大学は岩手、就職は京都となってます。

 

↑「なんで????」ってなるかと思ってくれれば嬉しいです!

 

岩手大学の獣医学科に進む前に京都の大学に通っていました

そのときの縁で今回動物病院京都に就職する運びとなりました。

動物病院京都に入社してはや3ヶ月ですが、日々新しいことの勉強勉強&勉強です

来院頂いた飼い主様に満足していただくだけでなく、
ワンちゃん、猫ちゃんが楽しんで帰れるようにと思いながら診察しております

そのため、ワンちゃん、猫ちゃんに病院を好きになってもらうのに、おやつ好きな子たちにはガシガシおやつあげていますが、
決して自分と同じように太らせようとしているわけでは無いのでご安心ください

↓↓↓↓↓↓↓愛犬の最高にかわいい写真です↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑愛犬の最高にかわいい写真でした↑↑↑↑↑↑↑↑

最後まで読んでくださりありがとうございました

1 2 3 4 5 202