犬と猫の汗をかくところは〇〇だけ

こんにちは。 動物看護師の郡です。

 

京都では昼間の気温が25℃を超える日が出てきましたね。

体が熱くなると人は汗をかき体温を調整しますよね。

ワンちゃんとネコちゃんは汗腺といわれる汗を分泌する腺は少ないです。

 

唯一汗がでるのは足の裏のみです

(酒井先生のぼたもちくん)

 

診察中に緊張して汗をかき足の裏がびしょびしょの子がいらっしゃいます。

 

汗をかかないならどうやって体温を調整しているのでしょうか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワンちゃんの体温調節でよくみる行動で興奮したときに

「ハァ ハァ」と口を開けて呼吸をしているを見かけないでしょうか?

この行動は「パンティング」といって体内の熱を外に逃がして体温を下げる行動です。

体温がさがれば自然と収まることが多いです。

もしこの行動がいつもより長い時間続いている、興奮してないのにハァハァしている等あれば

一度病院に相談してみて下さい。

これから気温もどんどん上がって、熱い日が続くと思いますので動物をよく見てあげて下さい。

もしパンティングをしていて体が熱っぽいなと感じる場合にはアイシングをしてあげると落ち着くことがあるので脇や内股もしくは首を

冷やしてあげて下さい。

これを行うことによって熱中症になるリスクを下げることができます。

 

ネコちゃんの場合は体中を舐めて、水分が蒸発する時に起こる「気化熱」というものを利用して

体温を調節することがあります。

またネコちゃんではワンちゃんと同様のパンティングを基本的には行いません。

もしネコちゃんでこの行動をしていればかなり体温が高い

もしくは体調が悪い可能性がありますので、一度病院に相談をしてみて下さい。

 

動物病院 京都

動物看護師 郡雅樹

 

 

誤飲、だめ、ゼッタイ。

こんにちは!

動物病院京都 看護師の吉田亜紀奈です。

気付けばもう5月に入りましたね。

暖かくなってきて過ごしやすくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか (^ᴥ^)

今日は愛するわんちゃんねこちゃんの『誤飲してしまった…』問題について少しお話させていただければと思います。   

             !!!!誤食には要注意!!!!

紐状のおもちゃやマスク、ウェットティッシュなどを誤飲してしまった…ってことをしばしば耳にしませんか?

「そのうち出てくるだろう〜」は、危険です!

症状はすぐには出ないことが多いです。

ですが、食べてしまったものがうまく排出されない場合、腸に詰まって腸閉塞を引き起こす可能性が考えられます。 場合によっては、お腹を開けて取り出すという手術をしないといけないことがあります。

先日うちの愛猫(せせりと申しますฅ^•ω•^ฅ)がお留守番してる間に起きた出来事です。

お気に入りのネズミさんが無惨な姿に…。

幸い食べてはいなかったので大事には至りませんでしたが、冷や汗が止まりませんでした( ; ; )

実際に腸に詰まったケースもご紹介します。

(※少し血液の付いた写真が出てきます。 苦手な方はご遠慮ください)

 

こちらがお腹から出てきたネズミさん。

腸に詰まったことで、胃腸の動きが悪くなり、

頻回嘔吐や食欲不振という症状がありました。

近頃コロナ禍で思う存分お散歩に行けなかったり、家族のおうち時間が増えた事でストレスを感じてしまいわんちゃんねこちゃんの誤飲が増えています。

愛犬&愛猫に毎日を安全に過ごしてもらう為にも、私から3つのお願いがありますʕ••ʔ

①わんちゃん&ねこちゃんが口に入れられそうなものは届くところに置かない

②おもちゃの破損チェックを行う

③食べてしまったかも?という場合は直ぐに病院に連絡を!

これらを意識するだけでも誤飲のリスクはぐんと下がります。

大切な家族を守る為にも誤飲しない環境作りを心がけましょう。

 動物病院京都

動物看護師 吉田亜紀奈

あれから10年

こんにちは!

動物看護師の小堀絢子です!

 

気づけば2021年も3か月過ぎましたね💦

春になり急に暖かくなりましたが、朝晩はまだ冷え込むので、みなさん体調管理には十分気をつけてください。

 

少し前のお話になりますが、東日本大震災から10年が経ちました。

以前ブログやお知らせでちらっとお話させていただきましたが、私は7年ほどフィリピンに留学していました。

留学するぞ!と意気込んで飛行機のチケットを受け取ったのが、2011311日でした。

チケットの手配をしてくれた旅行代理店で、『東北の方で地震があったよ』と教えてもらい、日本を離れるぎりぎりまで飛行機がちゃんと飛ぶのか心配してくださったのを、今でも覚えています。

 

フィリピンへ行くと現地の方々からは、『津波は大丈夫だった?』『あなたのご家族は無事だったの?』と聞かれ、またコンビニにはこのようなポスターが貼ってありました。

JAPAN RELIEF=日本の救済)

 

日本で起こったことは日本だけの問題かと思っていましたが、他人事として扱わず、助け合おうとしてくれる人たちも世界中にいるのだと、留学して初めて知りました。

 

ワンちゃんネコちゃんに関するお話ではありませんが、また私の留学中の体験談をお伝えできたらと思っています。

 

 

動物病院 京都

動物看護師 小堀絢子

違和感を大事に!

こんにちは、動物看護師の家段 涼香です。
だいぶ暖かくなり日中は少し暑く感じる日が増えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日はお久しぶりに我が家のゆずとそらの近況をお話ししたいと思います!

小さかったそらが成長し、今ではゆずの隣に並べるくらいになりました(^^)
そらを連れて帰った数日間はゆずが距離を置いていましたが、今ではお互いに居ることが当然な関係になってます!

   

そらはまだ8ヶ月齢、ゆずは去年の12月で7歳になり
今日まで大きな病気もなく元気に過ごして来れました!!

ゆずがもう7歳で、ワンちゃんの人生だと折り返しの地点になります。
(多少個体差はあります)
そろそろ何か問題が出てもおかしくない年齢だと考えていたところ発見してしまいました..
先週に自宅でのシャンプー後、仰向けでお腹周りを乾かしていた際に左あばら骨あたりの大きさが非対称な気がしました。
「もしかして..」と気になり触ったところ、あばら骨あたりに少し大きめのできものができていました(´;ω;`)

シャンプーしていた時にも気づかず、今まで全く気付けていなかったことにとてもショックを受けました。
悪性の腫瘍なのではないか?なんでもっと早くに気づけなかったのか?と。
ショックが大きかったですが、すぐに病院行き検査してもらいました。

結果は、悪性腫瘍ではない’’できもの’’でした。
悪性の腫瘍ではなかったので一安心しましたが、今後さらに大きくなり歩行などに支障をきたすようであれば切除になるとの結果でした。

本人はいたって元気で、ささみをもらえて病院のスタッフに撫でてもらえて大変満足そうでした。
ですが、今回のことで日常からもっと様々な個所を触っておけばよかった..
触れていて把握しているつもりだったことに気づきとても後悔しました。

それと同時に、ちょっとした違和感というものは、やはり当たるのだなと実感しました。

何か気になることや、何か少しおかしい気がする。と感じる違和感を大事にしてほしいです。
一緒にいる家族だからこそ気づける違和感を大事することで早期発見に繋がります。
お家で体の内部までチェックはできない為、定期的に動物病院にてチェックを合わせて行うことで、より早期発見に繋がります。

違和感などを感じましたら、ご連絡またはご来院お願いいたします。
   
通りすがりにそらがゆずを遊びに誘ってみたり、一緒に散歩に行くこともあります(^^)
またみなさんと飼っているワンちゃんネコちゃんのお話したいと思っておりますので、お気軽にお声掛け下さい!

動物病院 京都
動物看護師 家段 涼香

これからの季節は「蚊」に要注意!!

こんにちは動物看護師の郡 雅樹です。

4月になり動物病院 京都には新たに動物看護師が4人も入ってきました!

新しい動物看護師の紹介はまた別のブログにてさせていただきます。

 

ここからは本題に入りまして、4月になって気温も暖かくなってきましたね。

気温が上がり始める4月から秋の10月ごろあたりまでは蚊が良く見かけると思います。

蚊といえば人や動物の血液を吸う生き物ですが、

実は吸血と同時に病気や寄生虫を人や動物の体内に送り込むことがあります。

蚊によって感染する寄生虫で有名なものは

「フィラリア」があります。

 

ワンちゃんを飼われいる方は聞き覚えのある名前だと思います。

フィラリア(別名:犬糸状虫)は形、色は「素麺」に似ていて体長は15㎝から30㎝あります。

フィラリアに感染している動物に蚊が吸血する時にフィラリアの幼虫が蚊の体内に入り

その蚊が別の動物に吸血すると幼虫が動物の体内に入り感染してしまいます。

幼虫は1~2年で成虫になり心臓に寄生し動物の肝臓、腎臓といった臓器など壊していきます。

成虫になってしまうと駆虫するのがとても困難になってしまうため

フィラリアに感染しないための予防がとても重要です!!

 

予防薬には色々な種類があります。

錠剤タイプ、背中に垂らして使うタイプ、ブロック状の牛肉風味のおやつタイプがあります。

 

 

月に一度使用するだけで予防ができます。

基本的には年中予防を推奨としていますが、寒い季節だと蚊がいないので予防薬を使用しない場合もあります。

また、予防薬を約3ヶ月使用せず、もう一度使用する場合は血液検査をしてフィラリアに寄生されていないかチェックしてから予防薬を使用します。

どのタイプの予防薬を使うのがよいか、わからない場合はお気軽にスタッフにお声掛けください。

 

動物病院 京都

動物看護師 郡 雅樹

春の健康診断キャンペーンはじまります!

こんにちは、動物病院京都 獣医師の国本将樹です。

少しずつ暖かい日も多くなってきましたね♪

 
今年も、この時期がやってきました!

春の健康診断キャンペーン!!

まずは、こちらをご覧ください!

 

今年も例年同様にお得でわかりやすい3プランをご用意しています
いずれも、当日に結果をお伝えできます!!

 

ご予約は便利なLINE予約からお願いします(^^)/

LINE予約システム

 

(診察の予約内容欄にご記入ください!)

 

ミニ:若齢向け

バリュー:若~中年齢向け

フル:中~高齢向け※若いうちに、2- 3回程度こちらのプランを受けておくのもおすすめです!
 

 

●過去に健康診断で見つかった病気の一例

心臓病、甲状腺疾患、肥満、関節疾患、口腔内疾患、腎臓病、胆嚢疾患、内臓や体表の腫瘤 など

 

●病気を見つける以外の『もうひとつの』目的

健康診断には、「いま現在健康かどうか」を知る以外に、

「若い健康なときの状態を把握しておく」という、大切な役目もあります

若い健康なときの状態を知っておくことで、年齢を重ねて体調が悪くなってしまった場合など
に、「その子の正常値」と比べて、どの値がどのくらい悪くなっているかを知ることができます


 

 
また、各種オプションもご用意しています

CRP(犬) SAA(猫):炎症マーカー 少し体調に気になるところがある子におすすめです
甲状腺:高齢の子におすすめです
SDMA:腎臓の数値。これまでの検査より、早期発見が可能になりました
尿検査:腎臓病や膀胱炎のチェックに
 
普段よりもお得な価格で全身の健康チェックができますので、この機会にチェックしておきましょう(^^♪
ご不明な点などありましたら、気軽にスタッフにご質問ください!

 

動物病院 京都

獣医師 国本 将樹

ワンちゃんにとっての人生一大イベント

こんにちは!動物看護師の小堀絢子です!

 

前回の私のブログで我が家のアイドルを紹介しました!

我が家にアイドルが増えました!

今回はそのアイドルあんずちゃんの「人生一大イベント・避妊手術」についてのお話です!

 

読んでいるみなさんの中にもワンちゃんの避妊手術を考えている方がいらっしゃるかと思いますので、実際避妊手術をするために、どんな検査をワンちゃんたちがしているのかを紹介していきます!

 

①血液検査

外科手術等を行う際、そのワンちゃんたちの健康状態を知るために血液検査を行います。特に腎臓や肝臓の数値は、機能が落ちていると麻酔薬が体に残ってしまい、麻酔リスクが大きくなることになりますので、術前検査が重要となります。

②レントゲン検査

ワンちゃんのお胸のあたりを撮影します。心臓の位置・大きさ・形、肺の状態を評価します。また麻酔をかける際は、気管挿管と言ってお口から肺にかけてチューブを入れて麻酔を維持します。どの太さのチューブを使うかレントゲンを使って太さの判定もします。

  

このレントゲンは実際に撮影したあんずちゃんのレントゲンになります!

③凝固系検査

出血があった際に、血が止まりやすいかを評価します。

 

通常検査は手術当日もしくは手術予定日2週間前に行います。

あんずちゃんも検査をして、先日無事避妊手術を受けました☆彡

 

手術前でいつもと違いソワソワしていたあんずちゃん💦

手術も無事終わり、カニさんに変身したあんずちゃん🦀

初めての手術だったからか、帰るときは胸元で甘えていました!

どんな手術でも100%安全な手術は存在しません。

そのため上記の検査で、一つでも不安な項目があれば手術を中止することもあります。

当院では飼い主様にもしっかり説明させていただき、また術前検査を行い、飼い主様が安心できる手術をチームで提供していきます。

分からない点や心配な点などがありましたら、なんでもご相談ください。

 

 

動物病院 京都

動物看護師 小堀絢子

スタッフの休日

こんにちは! 動物看護師の吉田亜紀奈ですʕ•ᴥ•ʔ

今日は私のお休みの過ごし方について少しお話させていただければと思います☆彡

 

お休みの日は基本的には愛猫のせせりちゃんとお家でまったり過ごすのですが、この日はせせりちゃんのワクチンを打ってもらうため自宅近くにある分院、西京桂院へ行きました。

 

偶然、桂院勤務のスタッフさん&愛猫カイちゃんに遭遇! カイちゃんもワクチン接種に来院したそうですが、一足先にワクチン接種してチュールタイムを楽しんでました^ ^

 

 

せせりちゃんはというと…。

 

 

診察台に乗る前からプルプル震えて凄い目力で「早く帰ろうよ…!」と訴えてきました(笑)

 

ですが、ワクチンは打つと決めてでてきたので、 ヨシヨシしてお顔を隠してあげることに。

少し安心したのか震えは収まり、 無事ワクチン接種終了。

最後は何事もなかったかのように先生に抱っこされながらチュールタイムを楽しんでました^^;  

 

おやつのおかげで精神的ストレスを少しでも軽減することに繋がります。 もちろん、緊張で診察中はおやつさえ食べれない猫ちゃんもいますが可能な限り精神的ストレスを軽減してあげるのはとっても重要です!

 

もし愛猫さんの好きなおやつなどがあれば、診察時におやつで興味をひいてみてください♬

 

動物病院 京都

看護師 吉田亜紀奈

お魚と鮮度とハムスター

こんにちは。
動物病院 京都、看護師の井上です。


すっかり秋になって、寒くなってきましたね。
シチューがおいしい時期です。


いつもは病院裏側ツアーを書いていますが、
今回は裏側ツアーはおやすみして…
我が家のハムスターの『師匠』の身に起こった災難を、ご紹介致します。

 

まず、師匠について紹介します。
名前:師匠
種類:ジャンガリアンハムスター
年齢:1歳半
性別:女子
性格:マイペース。食いしん坊。
(ご飯の袋を開けると必ずハウスから出てきます)

 

顔を出して寝るのが好きです。

 

こんなぐうたらなお水の飲み方したり

 

トイレと壁にはさまれてみたり…
(でも顔を出して寝る)

 

のんびりマイペースな師匠、

そんな師匠に災難が降りかかったのは去年の12月30日の事でした。

 

その日、我が家にはお魚が丸々1匹届きました。
新鮮なお魚で、届いてすぐの昼に「よし、魚捌くか!」となったのです。

魚の鮮度を保つために
・暖房をオフ
・窓を全開にして新鮮な空気を
・換気扇なんかも回しちゃう

 

普段暑がりな人が「うおお、寒い!」な気温です。
部屋の中なのに吐く息が白い!
そんな中で魚の調理を始めた頃師匠が寝床から出てきました。

 

「そう言えば喉乾いたなぁ、お水お水…」

 

と、水飲み場へ移動している様子が見えたそうです。
10分も経たない頃、ふと師匠のいる水槽をみると、
なんと師匠が水入れボトルの下で動けなくなってしましました。

 

「うーん…なんか寒い……」

 

 蹲って動けなくなってしまった師匠、
なんと10分もかからない内に『冬眠』に入ってしまったのです。

 

「師匠ーー!!!!」

魚を捌いている場合じゃない!

 

息が白い時の気温は10度以下と言われています。
マイナスにはなっていませんでしたが、
10度以下の室温の中の10分で起こった出来事でした。

 

ハムスターさんは実は冬眠する生き物ですが、冬眠がとても下手な動物さんです。
そのまま様子をみる、は非常に危険です。
家で出来ることは、まず温めること。

 

この時はすぐに師匠を手でつつみ、コタツの中へ。
擦りながら温める事数分後、
何事もなかったようにお目覚めになりました。

 

「あれ?ここはどこだろう?なんだこの柔らかいの、えい!(ガブッ)」
(ネタのように本当に噛まれました)

 

何事もなかったように元通りに戻った師匠は、その後暖かい部屋に移動しました。
今は無事に元気です。

今年は去年の反省を活かして温度管理に気をつけます。

 

これからどんどん寒くなる時期なので、皆様も体調にはお気をつけください。

 

動物病院 京都
動物看護師
井上 智映子

イベント事が多いこれからの季節に

こんにちは。動物病院 京都の獣医師 尾関康江です。
朝晩はぐっと気温が下がって急に冷えるようになりましたね。この時期は着ていくお洋服に悩みますが、皆さまなるべく温かくしてお過ごし下さいね。

さて、今回はわんちゃん、ねこちゃんの『誤食』についてです。
“あ!”と気づいた時には何かを口にくわえていたり、既に無くなったりしますよね。

先日、立派な鯛を食べてしまい、それが喉にひっかかって取れずにずっとえずくねこちゃんが来院されました。
レントゲンを撮影すると、

喉の入り口にひっかかっておりました。急いで、内視鏡機器で確認し、無事に取ることができました。痛かったでしょうね。

 誤食してしまったら、すぐに吐かせることを連想するかもしれません。今回のように吐かせることで食道を傷つけてしまう可能性がある場合は、麻酔をかけての内視鏡検査を行うこともあるんです。内視鏡でも取れない(取るのが望ましくない)場合は、開腹手術になることもあります。

▽誤食で多いもの
・お菓子(チョコレート、キシリトールガムなど)
・靴下や布類
・竹串(団子や焼き鳥などの)
・紐類(ねこちゃんは要注意です!)
・おもちゃ
・石や砂

誤食を発見された場合は、なるべく早く病院に連絡下さいね。
もちろん、そうならないための対策も大切ですので、そちらの方でお困りの方もご相談下さいね!これから、クリスマスやお正月といった楽しいイベントシーズンが到来します。ラッピングに使われるリボンやチョコレート菓子の誤食が例年多いですので、気をつけてくださいね。

動物病院 京都
獣医師 尾関康江

1 2 3 4 5 205