椎間板ヘルニア

今回は当院でもかなり症例数の多い椎間板ヘルニアのお話です。椎間板ヘルニアは、約80%は3-7歳齢で発症するといわれています。哺乳類には、頸椎(頸の骨)が7個、胸椎(胸の背骨)が13個、腰椎(お腹の背骨)が7個あります。椎間板ヘルニアは、頸椎、胸椎、腰椎の中でも第2-3頸椎、第12-13胸椎、第13胸椎1腰椎の間で好発します。ダックスフンド、ビーグル、シーズー、ペキニーズ、トイプードル、ウェルシュ・コーギーなどの軟骨異栄養犬種に好発し、特にダックスフンドは他の品種に比べて10倍、椎間板ヘルニアに罹患する危険性があるといわれています。

 

一部を除き、すべての脊椎は椎間板と関節突起関節で連結されています。椎間板が伸び縮みすることで、体幹部に適度な屈曲・伸展・回旋が生じ、スムーズに動くことが可能になります。椎間板の構造は、外側にある線維輪と中心にある髄核で構成されています。線維輪が割れて、髄核が脱出した状態の椎間板ヘルニアをHansen I型、線維輪が変形して、脊髄側に突出した状態の椎間板ヘルニアをHansen II型と呼ばれています。逸脱または突出した椎間板によって、脊髄が圧迫されることで、脊髄の損傷や浮腫が起こり、脊髄障害が発現します。

 

椎間板ヘルニアは様々な症状が認められます。代表的な症状は、元気がない、足がふらつく、歩けないなどです。治療法はには、保存療法と外科療法があります。どちらの治療を行うかはわんちゃんの状態とご家族の意向によって決定します。胸腰部椎間板ヘルニアの代表的な外科療法は、片側椎弓切除術(ヘミラミネクトミー)です。下記の写真の様に片側の椎体(骨)を削って、脊髄と椎間板ヘルニアを露出し、ヘルニアを除去する手術です。

椎間板ヘルニアはある日突然発症して、急速に悪化する場合があります。いつもと様子が違うなど、少しでも変わったことがあれば、いつでもご気軽に当院までご相談下さい。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太