ねこの病院 院長交代のお知らせ

こんにちは。動物病院京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。 
2020年4月、前院長の園田祐三(現代表)よりねこの病院院長を引き継ぎいたしました。 
私は2016年11月のねこの病院開院当初から診察に携わってきました。 

 ねこの病院ではデリケートな猫ちゃんに配慮し、通院ストレスを少しでも緩和できるような環境づくりと診察を心がけています 
私も自宅で1匹の三毛猫、実家に3匹の猫が暮らしており、とくに診察の時が飼い主様と猫ちゃんにとって最大の緊張の瞬間だと実感しています。 
猫ちゃんは常に「獣医師や看護師、そして何よりも飼い主様の表情・声・動作」を観察してます。そして、そこから診察室やスタッフが自分にとって安全なのか危険なのかを見極めています。 
そのため、猫ちゃんだけでなく飼い主様にも安心していただけるように、皆様の猫ちゃんの個性に合った診察や治療スタイルを日々目指しております。 

 ねこの病院に携わるスタッフ全員が、飼い主様と猫ちゃんの幸せな生活のためにより一層努力してまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

本院にご来院いただいている飼い主様へ
診察の中で、「今後、本院では診察しないの?」というありがたいご質問を頂く機会が多く、大変嬉しく思っております。
この度、突然の発表であったため、驚かれると同時に不安に思われたかもしれません。
今後、本院での勤務も週数日は予定しております。
また、診察のご都合が合わない場合も本院の獣医師と連携をとりサポートさせていただきますのでご安心ください。
皆様と動物さんたちが幸せに生活できるように、本院およびねこの病院ともに努力してまいります。


 動物病院 京都
ねこの病院 院長 谷田美和子