整形外科

概要・当院の姿勢

動物病院 京都では、院長園田が獣医師の整形外科学会である麻酔外科学会に所属し、日々進歩する整形外科技術を習得しています。特に小型犬で多い橈尺(とうしゃく)骨骨折の他、大腿骨骨折、脛腓骨骨折、骨盤骨折、手・足根骨骨折や、前十字靭帯断裂整復術(TPLO術、関節外法etc)、膝蓋骨脱臼整復術(脛骨粗面転移術)、椎間板ヘルニア治療(片側椎弓切除術)、大腿骨壊死症(レッグペルテス症)治療(大腿骨頭切除術)など様々な手術を日々実施しています。

各疾患詳細

1. 前肢の骨折(橈尺骨骨折・上腕骨骨折)

① 症状
どこかから落ちた、落とした、あるいは踏み外した、踏みつけてしまったなど、ちょっとしたことで骨が折れることがあります。折れた後は、ほぼ足がつかなくなり、触ろうとすると極端に嫌がったり、鳴いたりすることもあります。痛みから、元気がなくなったり、しょんぼりしたりすることも多く見られます。ひどいときは食欲がなくなることもあります。
② 発生しやすい箇所
前肢の骨折のため、左右差なく前足に発生します。
③ 発生しやすい種別
トイプードル、ティーカッププードル、ポメラニアン、チワワ、ヨークシャーテリア、マルチーズなどの小型犬に多く発生します。特に5㎏以下の小型犬は要注意です。さらに2kg以下の超小型犬の場合は、小型犬以上に骨折しやすいので気をつけましょう。中大型犬の場合は激しい運動などにより骨折します。
④ 当院の一般的な対処
レントゲン検査を実施し、骨折部位を特定します。当院では、橈尺骨骨折・上腕骨骨折において、非常に安定性の高い最新の治療法であるロッキングシステムを用いて、特定された骨折部位の整復をします。ロッキングシステムは、骨にあてるロッキングプレートおよび固定するロッキングスクリューを使用し、骨折の安定を図ります。状況に応じ、従来型のプレーティングや創外固定といった方法を使用することもあります。入院期間は1〜2週間程度のことがほとんどです。プレート等は皮膚下に埋め込み、回復後は基本的にそのプレート等は除去することになります。

2. 後肢・骨盤付近の骨折(大腿骨骨折・脛腓骨骨折・骨盤骨折)

① 症状
後ろ足付近の骨折の多くは、交通事故や外傷など強い衝撃が加わった時に生じます。そういった場合は、単純な骨折というより、粉砕骨折や複数の骨折が重なって起きていることも多く、場合によっては、骨盤近くに存在する膀胱、尿管、尿道、結腸・直腸などが損傷し、おしっこやうんちがでにくくなり、それにより命の危険にさらされることもあります。
② 発生しやすい箇所
後肢、骨盤付近のため、主におしり、後ろ足付近に生じます。
③ 発生しやすい種別
犬種、猫種に関わらず起こりえます。特に猫は、突然の脱走や、マンションの上階から落ちてしまうといった落下事故などによっても起こります。
④ 当院の一般的な対処
橈尺骨骨折同様、レントゲン検査にて骨折部位を特定します。後肢・骨盤の骨折の場合は、超音波検査で膀胱が傷ついていないか、血液検査で腎臓障害が起きていないかなど、様々な検査を実施し、命の危険性がないかどうかを判定していきます。
前肢の骨折同様、安定性の高い骨折治療術が求められるため、ロッキングシステムを使用したり、さらに安定させるために、ロッドと呼ばれる棒のようなものを組み合わせて入れたり、ワイヤーを追加したりすることもあります。状況によっては、いわゆる添え木(外固定)を実施するだけで治療がうまくいく子もいますが、基本的には、しっかりとしたプレート単独、ロッド、あるいはワイヤーなどを組み合わせて治療することが推奨されています。

3. 前十字靭帯断裂

① 症状
急な方向転換や坂道をダッシュした時、高いところにジャンプしたときなど、膝に負担がかかる運動をした際に、突然足を挙げ始めるということが多いです。不完全な断裂の場合は、徐々に痛くなることもあり、最初は少しの違和感程度から始まり、ある時を境に完全に足を挙げてしまうということもあります。動物病院などで、もとから膝が外れやすいと診断されている、あるいは肥満傾向のわんちゃんなどはより注意が必要です。
② 発生しやすい箇所
前十字靭帯は膝関節の中にあるため、左右両方あるいはどちらかの後ろ足に生じます。
③ 発生しやすい種別
よく起こりやすい犬種は、ゴールデンレトリーバーやラブラドール、またバーニーズ、シェパードなどといった大型犬に多く、小中型犬では、ウェルシュコーギー、ボーダーコリー、ポメラニアン、トイプードルなどに見られます。猫で起こることはまれです。
④ 当院の一般的な対処
膝関節を注意深く触診し、レントゲン検査により前十字靭帯周囲の脂肪や、骨の角度により、大まかな診断をします。必要に応じて関節液の検査や、膝関節の超音波検査をすることもあります。5kg以上の前十字靭帯断裂整復術には、世界的に最も実施されているTPLO術で治療します。TPLO術は、日本語で脛骨高平部水平化骨切術といい、脛骨を切ってプレートで止めなおすことで、大腿骨と脛骨の角度を矯正する手術です。小型犬だったり、大きな手術を回避したい場合は、関節外法や絶対安静を組み合わせて治療することもあります。

4. 膝蓋骨脱臼

① 症状
完全に足をあげるのではなく、触られるのを嫌がったり、後ろ足を伸びしている姿をしたり、触るとコリコリするといったことで気づくこともあります。生まれつき膝のおさら(膝蓋骨、しつがいこつ)がゆるい、外れやすいことも多く、成長とともにそのゆるさが悪くなっていき、足をよく挙げるようになったり、散歩にいくのを嫌がったりすることもあります。しかし、膝蓋骨単独で強く症状が出ることは少ないともいわれており、強くその足をあげるなどの症状が出た場合は、股関節あるいは前十字靭帯があわせて悪くなっていることも多くみられます。
② 発生しやすい箇所
膝蓋骨は、大腿骨と脛骨の中間にあり、特に左右差はなく、後ろ足に発生します。
③ 発生しやすい種別
トイプードル、ティーカッププードル、ポメラニアン、チワワ、ヨークシャーテリア、マルチーズなどの小型犬に多く発生します。これらの小型犬は、膝蓋骨が内側にずれることが多く、ミニチュアダックスや大型犬は、膝蓋骨が外側にずれることが多いです。
④ 当院の一般的な対処
触診することで比較的容易に、膝関節脱臼の重症度は判定できます。レントゲン検査にて膝関節周囲の骨がどれくらい変形しているか、関節炎の存在などを確認していきます。膝蓋骨脱臼整復術は、軽度な症状かつ特に若い時に実施できた場合は、膝蓋骨がのっている大腿骨滑車という溝を麻酔をかけて削ること深く掘り下げるだけで、治ることも多いです。症状が進行しひどくなっている場合は、脛骨という膝蓋骨より少し下にある骨を少し切り、移動させ骨を概ねまっすぐにする、脛骨粗面転移術という手術を実施します。早い場合は数日から1週間程度の入院となります。

5. 椎間板ヘルニア

① 症状
突然、後ろ足がマヒし、両方の足をひきずっている、歩けなくなる、おしっこが出なくなる、うんちがでなくなるといった強い症状がでます。症状が軽い場合は、なんとなく元気がない、食欲がない、抱っこすると嫌がる、キャンとなく、段差をあがろうとしないなど、やや曖昧な症状のこともあります。
② 発生しやすい箇所
首などに起きた場合は、主に前肢プラス後肢に症状がでます。腰に生じた場合は、後肢だけに症状が出ることがほとんどです。
③ 発生しやすい種別
腰の長いミニチュアダックスやコーギー、あるいはビーグルに発生します。最近では、トイプードルは痛いだけ、調子わるいだけといったマヒが出ない症状のこも多いです。
④ 当院の一般的な対処
一般診療で、足先をひっくり返したり、少しつねって痛覚が衰えていないか、背中を押して痛がらないかなどを確認したりなどの神経学的検査を実施します。触るだけの検査ですが、チェック項目が多く、神経学的検査を実施することで、ある程度損傷部位がどこかを見極めることができます。レントゲン検査も実施しますが、 それだけではわからないことも多く、神経学的検査などにて椎間板ヘルニアを疑う場合には、【 外部 】CT・MRI検査を実施することがほとんどです。CT・MRI検査にてヘルニア部位が特定された後、その部位の近くの骨に少し穴をあけ、突出している椎間板物質を除去し、椎間板物質による圧迫のせいで伝わりにくくなっていた神経刺激を通しやすくします。重症度が中等度までの場合、早期に手術をすることにより、ほぼ正常と変わらないくらいまで回復することも多いです。重症度がもっとも重度である場合は、手術をしても術後にマヒが残ってしまうこともあります。いずれにしても早期治療は、治る確率を高めます。

6. 股関節疾患(レッグペルテス症、股関節脱臼、股関節形成不全症)

① 症状
後ろ足をけんけんしたり、引っ張ると痛がったりします。レッグペルテス症は若いころに起きることがほとんどです。突然後ろ足が痛みだしたと思ったら、それがなかなか引かない場合は、可能性が高まります。股関節形成不全症は、生まれつき股関節が弱いことがあるため、幼少期から注意が必要です。
② 発生しやすい箇所
股関節の病気は、後ろ足の動きに異常が生じます。極端なびっこのこともあれば、わかりにくい場合もあります。
③ 発生しやすい種別
レッグペルテス症は、ヨークシャーテリア、トイプードル、ポメラニアンなどです。股関節脱臼は、すべてのわんちゃんに起こりえます。股関節形成不全症は大型犬が多く、軽度のものを含めるとかなりの割合で発症している可能性があります。
④ 当院の一般的な対処
身体検査により、股関節がわるいことは比較的容易にわかる可能性が高いです。レントゲン検査は有用ですが、軽症の場合は、痛みだけでて、レントゲン検査ではあまり明確にわからないこともあります。レッグペルテス症では、大腿骨頭という部分が壊死してしまうので、その壊死してしまった部分を切除する、大腿骨頭切除術を実施します。股関節脱臼では、特殊な包帯法を実施することではめなおします。しかし、再度脱臼することもあり、何度も再発する場合は、レッグペルテス症同様、大腿骨頭切除術をすることも多いです。股関節形成不全症については、整形外科2次動物病院と連携し、人工関節を入れる場合があります。いずれも、治療をすると、びっこや痛みが大幅に改善し、見た目として通常に近い状態にもどることがほとんどです。

7. 捻挫・打撲

① 症状
ちょっとした拍子に、突然びっこを引き始めたり、足を痛がったりします。散歩の途中や、ドックランでの運動、他のわんちゃんとじゃれているときなど。また、ソファから降りたり登ったりしたときや、滑りやすい床で方向転換したときなど、様々な状況の後に起こります。わんちゃんねこちゃん問わず発生します。
② 発生しやすい種別
すべての足、関節に起こりえます。普段の歩き方と比べ、少しだけおかしい場合もあります。完全に足がつかないなどのときは骨折などのより重大な病気が起きていることがほとんどです。
③ 発生しやすい時期
捻挫・打撲は、すべての犬種・猫種で起こります。
④ 当院の一般的な対処
捻挫・打撲の場合は、軽度の際には、足がおかしいと思って動物病院に連れてきてもらう間に、なんともなくなっていることもあります。ある程度強い痛みの場合は、触られるだけで嫌がるため、触診にて痛みの部分の特定をすることができます。状況に応じ、その他の整形の病気がないかを確認するためにレントゲン検査を実施することがあります。ほとんどの場合は、一時的に痛み止めを注射、内服投薬することで短期間で治ります。短期間の投薬で治らない場合は、ほぼ別の整形外科疾患があると考えていいでしょう。

文責:院長 獣医師 園田