低侵襲手術

低侵襲手術の概要・当院の姿勢

動物病院 京都では、手術に対する動物の負担が少しでも軽減されるように腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行っております。
腹腔鏡手術とは、お腹に1センチ程度の小さい穴を3箇所ほど開けて、その穴を通して腹腔鏡カメラや超音波メスなどの手術器具を通して行う手術です。大きな切開を行う手術とは違い、痛みもなく傷の治りも早いことがメリットとして挙げられます。執刀を行う獣医師の技術が必要となる手術ですが、動物病院 京都では腹腔鏡を用いた多くの症例実績もあり、飼い主様には症状や手術内容をご理解いただいた上で実施しております。低侵襲手術が必ずしも良いというわけではなく、その子の健康状態や診察・検査結果などの全てを総合的に判断して、一番良い治療方法を決めさせていただいています。

イメージ

腹腔鏡手術のメリット

  • 術後の回復が早い、入院期間が短い
  • 手術に対する痛みが少ない
  • 大きく切開しないので、臓器が空気と触れることがなく手術ができる
  • 縫合による組織反応の心配がない

腹腔鏡手術のデメリット

  • 執刀する獣医師の技術が必要となる
  • 手術時間が長くなる傾向が多い
  • 一部費用が高額になってしまう場合がある
  • 麻酔管理においても高度な技術が必要となる

症例詳細

避妊手術(卵巣子宮摘出術)

避妊手術は望まない妊娠を回避できるだけでなく、乳腺腫瘍・子宮蓄膿症・子宮内膜炎などの病気の予防に有効です。避妊手術を受ける子の健康状態や年齢などによって治療計画は異なりますが、腹腔鏡手術は傷口が小さく済み、痛みもほとんど減少できるというメリットがあります。このようなメリットから腹腔鏡を用いての避妊手術は、術後の入院をせずに日帰りでの対応も可能となります。避妊手術を検討されている飼い主様には、手術計画を含めて詳細にお話をさせていただいております。

膀胱結石摘出

動物の食事環境、生活習慣、肥満などの原因によって、膀胱内に結石ができてしまうことがあります。結石をそのままにしておくと膀胱炎や尿道閉塞などの病気を引き起こしてしまいます。開腹手術によって結石を除去することも可能ですが、動物の負担軽減だけでなく小さな結石を見逃さないためにも、腹腔鏡を用いた膀胱摘出手術は有効です。全ての結石を摘出した後は、生活環境やフードの見直しを飼い主様にアドバイスさせていただき、再発防止に努めています。

各臓器生検

肝臓や膵臓、腎臓などの臓器は、血液検査や画像診断の精密な検査では症状が見つけにくい場合があります。手術を実施した際に、病気が判明するというリスクを無くすためにも、正確な検査が必要となります。腹腔鏡を用いた臓器生検は、小さな傷口から臓器の組織を採取できるだけなく、カメラで臓器内部の状態を見ることが可能です。症状の原因を判明させて、病気に対してのアプローチを確実なものにさせることができます。

胆嚢摘出

胆嚢(たんのう)は胆汁と呼ばれる脂肪の消化酵素を貯めておく内臓です。胆汁は肝臓から分泌され胆嚢に貯蔵される仕組みですが、過剰に分泌され続けると胆嚢に貯めておくことができずに異常をきたしてしまいます。胆泥症・胆嚢粘液腫・胆嚢破裂・胆嚢炎などの病気を引き起こしてしまう恐れがあり、治療方法として胆嚢摘出が必要となります。胆嚢の位置的に腹の上部(肋骨で囲まれている部分)にあることから、手術では大きく切開する必要があります。そのため傷口を小さく抑えることのできる腹腔鏡手術は、動物の負担を軽減できる有効な手術方法です。

腹腔鏡手術の手順

1. 麻酔を施して、状態を安定させる

切開する通常の手術と同様に、腹腔鏡手術も麻酔を実施します。腹腔鏡手術では後述にある気腹(二酸化炭素ガスを注入)を行うため、血液の流れや呼吸に変化が起きます。通常の麻酔管理より高度な技術が必要となります。

2. 腹部内に二酸化炭素ガスを注入して気腹させる

腹腔鏡手術はカメラを使用して手術を行います。腹部内をはっきりと鮮明に見るために気腹が必要となります。

3. トロッカーを挿入する

切開部に3〜10㎜程度のトロッカーと呼ばれる筒状の器具を挿入します。様々な種類のトロッカーがあり、場面に応じて使い分けをします。

4. モニターで内部を確認しつつ、手術を実施する

トロッカーを介して内視鏡や鉗子などを挿入します。モニターで内部を見ながら手術を実施します。モニターや内部のカメラは最新の機器を使用し、鮮明に確認ができるようになっています。

5. 手術後は気腹を解除させ、穴の縫合を行う

トロッカーを挿入するための穴を3箇所ほど切開しているだけなので、縫合も素早く行うことが可能です。麻酔が切れた後も傷口が痛むことなく、治りも早いことが最大のメリットです。