トイプードルさんの前肢の骨折

[vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

こんにちは、動物病院 京都 院長の園田祐三です。

7月に来院されたトイプードルさんの前肢の骨折のこがすごく元気になっているので

レントゲン写真などをアップしていきたいと思います。

 

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”2715″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”3/4″ el_position=”first last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

ある程度の高さのところから飛び降りてから、前足が付かないということで、日曜日のお昼間の救急外来を受診されました。

レントゲン写真をとってみると、右前肢の指に近い部分が折れています。

診断名は、橈骨骨折でした。他のレントゲン検査もしてみると、隣の骨である尺骨もともに折れていることがわかりました。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

折れたところがさらにズレないように、安静にしつつ、今回は、近くの先輩の獣医師先生や同期の獣医師などと共同で、骨折の整復手術を行いました。

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”2722″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”3/4″ el_position=”first last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

飼い主様とよくお話させて頂き、2週間ほどの入院ののち元気に退院できました。

今回のトイプードルさんは、体重が1.7キロしかなく、骨も非常に細いので神経を使いましたが、

2ヶ月程たった現在も、非常に元気よく走り回っているようで、よかったと思っています。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

びっこを引く、跛行する、または骨折していそうだという症状は、突然起きることがほとんどです。

診療時間内であれば、すべての電話に対応させていただいております。

時間外のすべての飼い主様のお電話に出れるとは限りませんが、極力対応させていただいております。

骨折などの救急の際は、迷わずお電話か、直接ご来院下さい。

 

動物病院 京都

院長 園田 祐三

[/vc_column_text]