ねこの肥大型心筋症 2017年2月

[vc_column_text width=”2/3″ el_position=”first”]

こんにちは。
京都市北区にある動物病院 京都 獣医師の坂口邦彦です。当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。また、最近では、上京区に新たに、ねこ専門病院である、動物病院 京都 ねこの病院を開院いたしました。

2月も半ばを過ぎ、昼間の日差しはぽかぽかとしてきましたが、朝晩はまだまだ冷え込みますね。もう冬もそろそろ終わろうとしていますが、今年の冬は冷え込みも厳しかったせいか、例年より胃腸炎が重度になった子が多かった印象があります。
わんちゃんねこちゃんは体の不調を隠してしまい、症状に出づらいことも多いので、単純な胃腸障害に見えても、実は膵炎だったり、消化器型リンパ腫に代表される消化器の腫瘍に陥っていたりと、他の重篤な基礎疾患からの問題であることもあります。
自分自身が人間の病院へ健康診断へはなかなか行けていないですが、症状が見えない段階からの早期の健康診断は大事だなと改めて思います。人間ドックへいかねばと。

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”12574″ img_link_target=”_self” width=”1/3″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

さて今日は猫の心臓の病気についてお話をします。猫で多い心臓病として、肥大型心筋症という病気があります。

この病気は、メインクーン・アメリカンショートヘア・ノルウェージャンフォレストキャット・ラグドール・ペルシャ・スコティッシュフォールド・在来短毛種で多いと言われていますが、どの品種でも発生する可能性はあります。中年期以降に発生が多いですが、3ヶ月齢~での発生も報告されており、品種・年齢・性別に関係なく発症する可能性がある病気です。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

猫は心臓が悪くなっても症状になかなか出てこないため、飼い主さんが症状に気づく時にはかなり進行していることが多々あります。

・最近ぐたっとして元気がない、食欲も落ちてきた
・遊ぶけど、すぐに疲れる
・安静にしているのに、口をあけて呼吸している
・急に叫んだと思ったら、後肢が動かない

こんな症状が出ている場合は要注意です。特に開口呼吸や、後肢麻痺が出ている場合は緊急状態の可能性も考えられます。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

心臓の内部は、左心房・左心室・右心房・右心室という4つの部屋にわかれています。 左心室から全身に血液が送られ、全身を巡った血液は右心房に戻ってきます。右心房から右心室を通って肺に血液は送られます。肺で酸素を受け取った血液は左心房へと流れてきます。そして左心房から左心室を通り、全身に血液が送られます。

肥大型心筋症では、心臓の筋肉が分厚くなってしまうせいで、左心室の内腔が狭くなり、血液がうまく流れず、肺から心臓へ血がきちんと戻れないという状態になります。
その結果、左心房で血液が溜まり、胸水や肺水腫なったり、血栓ができてしまったりします。胸水や肺水腫のせいで呼吸困難を起こしたり、心臓で出来た血栓が全身へ流れてしまい血管で詰まり、麻痺に陥ることがあります。全身へもうまく血液を巡らせることが出来ず、失神を引き起こすこともあります。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

肥大型心筋症は、進行が初期の状態では明らかな症状が出ず、重症化して呼吸困難や血栓症になって気づかれることが多くあります。早期に発見するためには、以下の詳しい検査が必要になります。

・胸部レントゲン検査
心臓の拡大、胸水や肺水腫のチェック

・心臓の超音波検査
心筋の分厚さ、左心房拡大、左室での血液の逆流、血栓の有無をチェック

・血液検査
血液循環に影響を及ぼす異変、脱水、腎不全、電解質異常のチェック
内分泌異常のチェック、うっ血状態のチェック

・血圧測定
高血圧になっていないか

肥大型心筋症は、聴診で心雑音が出ないことも多く、定期的に詳しく確認していくことが重要になります。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

心筋が肥大しているとわかった場合、根治させる方法は残念ながらありません。
肥大型心筋症の治療は、血管を拡張させたり、心臓の収縮力を高めることで血行動態を改善させて、胸水や肺水腫、血栓塞栓といった命に関わる状態に陥りづらくさせることで、生活の質を維持する事を目標にします。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

特に症状がなくても、年に一回はレントゲン検査や心エコー検査でチェックすることをお勧めしています。わずかな変化に気づくことは難しいですが、少し気になるな、という感じでも早めの検診につれてきてあげてくださいね。

[/vc_column_text]

ねこの口内炎のお話 2016年10月

[vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

こんにちは。
動物病院京都 獣医師の坂口です。

この所すっかりと暑くなってきましたね。

忙しさにかまけて自分自身が病院に行く機会をなかなか作れず、腰痛がひどくなったり、虫歯が進行してしまったりと不養生です。
ところで、口腔の問題は人間だけではなく、動物にも色々起こるのをご存知でしょうか?

今日はネコの口内炎のお話をしようと思います。

最近、食べ方が下手になってよくご飯を口からこぼす。口の周りをよくこすっている。

そんな変化起こっていませんか?

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

口を気にするという症状では、いくつかの原因が考えられますが、ネコさんということを考慮すると、口内炎が一番多いと日々の診療では感じています。

ネコさんの場合だとポチっとどころでなく、口の奥までひどく潰瘍ができていたり、炎症がきつくなってしまっていることもあります。

・口臭がキツくなる
・唾液に血がまじる
・口を頻繁に気にする
・口を痛そうにしてご飯が食べられずに痩せる

などの症状がでていると要注意です。

難治性歯肉口内炎と呼ばれるこの疾患は、ネコの数%にみられると言われています。

原因は口腔内の細菌、免疫低下を引き起こす猫エイズウイルスや猫白血病ウイルス、その他ウイルスの関与、また免疫反応の異常が関与すると言われていますが、まだはっきりとはわかっていません。

 

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”10669″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”first”] [vc_single_image image=”10687″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

上記の画像は、左はいわゆるネコさんの口内炎、右は正常の口腔内写真です。

黄色矢印で示す部分には口腔の後部(口峡部)の粘膜に著しい炎症と肉芽様組織の増生が起きています。ここまでなると、食事が喉を通るときに、触れてしまって、ひりひりして口が痛くてまともにご飯を食べることも多く、できなくなります

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

治療としては、一般的に①内科的治療と②外科的治療が行われます。

①内科的治療
抗生物質、ステロイド剤や消炎鎮痛剤、インターフェロン

 

②外科的治療
抜歯(全臼歯or全顎歯抜歯)、歯石除去

内科的治療ですが、一時的に症状の改善が見られたとしても、完治することはなく、投薬をやめると再発することがほとんどです。最も効果的なのはステロイド剤ですが、使い続けるうちに効果が悪くなったり、副作用の問題が現れてきます。

完治を目指すには、外科的な治療が必要になります。通常は全臼歯抜歯を行って、数ヶ月経過を確認し、効果がない場合は全顎抜歯を行います。全臼歯抜歯の治癒率は60~70%、全顎抜歯では更に+10~20%と言われています。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

自分の身で考えると、ご飯をおいしく食べられないのはすごく悲しいことですね。猫さんたちの口に出来ない口の訴えを見逃さないようにしてあげてくださいね。

[/vc_column_text]

心臓病のお話 2016年8月

[vc_column_text width=”2/3″ el_position=”first”]

こんにちは、動物病院京都の坂口邦彦です。この所夜も暑くなってきており、自宅で冷房をつけようとすると、リモコンが行方不明!汗だくでなかなか寝付けない状態です。 夏場は体調を崩しやすく、人と同じく動物も熱中症、循環器や呼吸器、泌尿器の問題が出やすい時期ですのでよく様子を見てあげてください。

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”9839″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/3″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

呼吸困難を呈していると訴えて来られたわんちゃんをお伝えします。 来院時、咳が荒くなり、元気食欲がなくなっているとのことでした。聴診において重度の心雑音が確認されました。心臓の雑音は、獣医師が聴診器で聴いていくものなのですが、音の強さによって、6段階に分かれていて(1が軽度、6が重度)、そのときの音がすでに6段階中の6でした。そこで心臓や肺の状態を確認するために撮ったのが下のレントゲン写真です。

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”9786″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”first”] [vc_single_image image=”9788″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

左上の画像は初診時のレントゲン写真です。 右上の画像は健康な子の写真です。 肺野が白くなり、心臓と肺の境界が不鮮明になっているのが見て取れます。 肺は、肺胞と呼ばれる小さな袋が集まってできており、肺胞を通して酸素と二酸化炭素の交換がされています。この肺胞の中に血液の液体成分が滲みだしてしまっている状態、肺水腫となっている状態でした。心臓の左心室から全身へ血液を送り出す力が低下し血液が肺に過剰に貯留してしまう状態で、これは心原性肺水腫と呼ばれます。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

検査としては、レントゲン検査、超音波検査、血液検査などが考えられますが、動物さんの状態を安定させるために、優しい方法として、うつ伏せのレントゲン検査と血液検査のみを実施し、治療を優先することにしました。

そこで当院で行った治療として
①マスクからの酸素吸入 その後 高濃度酸素集中治療室での入院管理

②肺から水を抜くための利尿剤の投与

③心臓の負荷を軽減するためにの血管拡張薬、強心薬の投与 を行いました。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

治療開始8日後に撮影したレントゲン像が右下の写真になります。 肺野に写っていた白いモヤは消えて、肺と心臓の境界ははっきりとするようになりました。

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”9790″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”first”] [vc_single_image image=”9794″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

体調が落ち着いてから、超音波検査により心臓を詳しく検査してみました。すると心臓の左心房と左心室の間の僧帽弁の片側の腱索が断裂し、また反対側が粘液腫様変性を起こしており、うまく弁が閉鎖できなくなっているために逆流が生じ、左心房は重度に拡張しているという状態でした。 心臓の内部は、左心房・左心室・右心房・右心室という4つの部屋にわかれています。 左心室から全身に血液が送られ、全身を巡った血液は右心房に戻ってきます。右心房から右心室を通って肺に血液は送られます。肺で酸素を受け取った血液は左心房へと流れてきます。そして左心房から左心室を通り、全身に血液が送られます。 左心での逆流が生じた結果、肺でのうっ血が起こり肺水腫に至ります。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

動物は人と違って、呼吸が苦しいとは言ってくれません。飼い主さんがしっかりと見てあげる必要があります。最近すぐ疲れる、咳が増えてきた、安静にしているのに呼吸が荒い、といった症状が観察された場合、高齢だからと勝手に納得せず、すぐに病院に連れて行ってあげてくださいね。

[/vc_column_text]

皮膚病の良好な治療経過をたどっている1例 2014年9月

[vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

動物病院京都 獣医師の坂口 邦彦です。

最近はずいぶんと冷え込む日が続き、夜はさらに急に冷えたりもしていますね。
こういった季節目の変わり目は、調子を崩しやすいのでしっかり体調を観察してあげてくださいね。

さて、今回は現在皮膚を治療し、良好な結果をたどったチワワさんを紹介したいと思います。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

下の写真は初診時の様子です。首周りの皮膚は炎症がひどくなり、毛は抜け、皮膚はゴワゴワとした象皮様になっていました。背中や四肢(前足や後ろ足)にも脱毛や発赤が見られており、体からの分泌物で毛や体の皮膚は、かなり脂っぽくなっていました。

すぐにできる検査ではありますが、簡単に皮膚の表面からスライドガラスで、細菌やカビ、毛包にひそむ毛包虫などがいないかを顕微鏡で確認してみると、マラセチアというカビが検出されました。(右図の小さい雪だるまのような形のものすべて)

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”7067″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”2/3″ el_position=”first”] [vc_single_image image=”7044″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/3″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

本来であれば、首元には、黒い毛がふさふさと生えているはずですが、マラセチアというカビが悪さをして、毛根ごと毛が完全に脱毛し、象さんの皮の様な皮膚(象皮様といいいます)になってしまっています。また股などには、多くの発疹が認められ、痒そうな様子が観察されました。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

当院の基本的な方針は、皮膚病における「脱・ステロイド」なので

ステロイドを内服薬として用いない以下の治療を行いました。
① 当院サロン「ひまわり」にて、薬用シャンプーを用いた定期的な薬浴
② 痒み・赤みを抑えるスプレーの使用
③ ノミ・ダニ予防薬の投与
④ 内服薬(抗真菌剤)の処方

にて、治療を行いました。

[/vc_column_text] [vc_column_text width=”1/2″ el_position=”first”]

治療開始1週間目の写真です。

治療開始から1週間がたつ頃には効果が現れてきました。

ゴワゴワとした象皮様の質感は、やわらかげな様子になってきました。

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”7077″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/2″ el_position=”first”]

治療開始から3ヶ月目の写真です。

治療開始から3ヶ月たつと、

毛はしっかり生えてきて、皮膚もきれいになっています。

現在は内服薬などを用いず、定期的な薬浴のみできれいな皮膚の状態を保っています。

 

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”7076″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

もう1度、治療前と治療後の写真を比べてみましょう。

左が治療前の写真です。右が治療後の写真です。

治療後の写真が、別の子の首元ではないかと思うくらいの良化です。

[/vc_column_text] [vc_single_image image=”7083″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”first”] [vc_single_image image=”7084″ img_size=”full” img_link_target=”_self” width=”1/2″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

繰り返しになりますが、今回はステロイドなど強い治療薬を使用していません。必要なことは、正しい診断と治療と、それをやり遂げる努力です。

皮膚病は完治させるのが難しいこともありますが、治せない病気ではありません。すべての症例で、今回のようにうまく治療が進むというわけではありませが、適切な検査とそれに基づく診断、さらに適切な治療を最後までしっかりとやり遂げることで皮膚は良くなります。諦めてしまえばそこまでです。きれいな元の皮膚を取り戻すために、飼い主さんは諦めずに立ち向かってあげてほしいと思います。私達はその手助けをします。

当院では、基本的には皮膚病を治療していくにあたり「脱・ステロイド」宣言をしております。もちろん、必ずステロイドを使用しないというわけではないですが、今回の例の様に、皮膚病がかなり進行している子でも、ステロイドを使用せずにきれいに治ることも多いです。

皮膚病で悩まれている方や、ステロイドを使用せずに何とかできないかと考えられている方は、一度ご相談ください。

動物病院 京都

075-465-3330

皮膚科:院長 園田 祐三

    獣医師 坂口 邦彦

[/vc_column_text]

1 2