PETCTを受けました 

こんにちは。
動物病院 京都 代表の園田祐三です。
今日は、動物と全然関係ない話です。

コロナが本格化する少し前に、島津メディカルプラザにある御池クリニックにて、自分自身がPETCTなど健診を40歳にしてはじめて受けました。
そして結果、病気が多数見つかりました💦

いずれも軽症そうですが、気だけは若いつもりですが、40になると色々見つかるのだなあとしみじみ思いました。

昔から好き嫌いなく、何でもごはんは食べるほうで、パンやラーメン、焼きそば含め洋食、イタリアン、和食など様々食べてきました。その中でも最近、パンとかラーメンめちゃくちゃ好きだけど食べるとなんか調子イマイチだなあと思っていたのですが、今回上部消化管内視鏡検査にて、アレルギー性食道炎がみつかり、これが原因だったのか!!と気付かされました。

まだ、なにのアレルギーかは、紹介状をもとに総合病院に行かないとわからないのですが、昔からの経験によりグルテンを疑っています。
お菓子、焼きそば、ラーメン、などなどめちゃくちゃ好きなものばかりなので非常に悲しいのです😭
(まだグルテンアレルギー確定ではないですが)

さらに、ひっかかったのが、便潜血陽性とPETでの大腸ポリープ疑いでした。
大腸ポリープ疑いということで、下部内視鏡検査を実施しました。受けられたことのある飼い主様からは、すぐ終わるとは聞いていたのですが、当日に飲む下剤の効きがあとをひき、ずっと下痢で大変でした。また、入れられているときはやや痛く、みなさんこういった検査を色々受けられていてすごいなあと思いました。
幸い、大腸ポリープはなく、事なきを得ました。

昨日、ねこちゃんの胃腸内視鏡をいれたのですが、吐いたり下痢したりする時に胃カメラ腸のカメラは動物でも良い検査です。
人間でも麻酔をかけることはありますが、犬猫ちゃんの場合は、麻酔が必須なのがすこし飼い主様からは心配なところかと思います。
当院では、最新の麻酔器を使用して、万全の体制で検査を実施しています。リスクはゼロにはならないですが、検査で実施する麻酔は比較的軽いのでいままで、検査にて状態が悪化するということは経験していません。

自分の身をもって、健康診断の重要性を知る、いいきっかけとなりました。
みなさんも、ご自身および飼育されている動物さんの健康診断は早めに受診されることをおすすめします。