秋の行楽シーズン

こんにちは。「動物病院京都」「動物病院京都 ねこの病院」動物看護師の山脇友香理です。

さてさて、9月も終わり10月に入り夏の暑さも忘れるくらい過ごしやすい気候になりましたね。なかなか晴れる日が少ないのがとても残念ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
お散歩好きなわんちゃんにとってはお散歩しやすい気候ですね。
また、ねこちゃんにとっても過ごしやすい気候になってきましたが、その反面朝夕の寒暖差で膀胱炎症状のねこさんが非常に増えておりますので、お気をつけください。

今日は先日の連休に我が家の「くうと君」とお出かけしてきた様子を披露しますね☆
まずは、京都御所です!
出町柳までいつものようにリュックに入れてバイクでブーンとひとっ走り!!
出町柳にバイクを止めて御所の周りをまず散策☆

リュックの中から外の様子を興味津々に眺めています。

空気もちょうどいいくらいに涼しくて気持ちよさそうです。

御所の中では粗相しては失礼かと念の為、マナーベルト着用。
マーキング行動が出る前に去勢手術をしたので、外では滅多に排泄はしないのですが、
お散歩時には公共のマナーを守るようにできるだけ気をつけます。
初めて砂利道の上を歩いたので、最初は恐る恐る・・・
クンクン、何の匂いがするのか念入りにチェックしています(^o^)

中央部まで来たら一休み。

後ろの芝生の上ではヨガをされている方がいたり、家族連れで日向ぼっこされていたり、ゆったりとした時間が流れていました。

途中で出会ったのはラブラドールさんやトイプードルさん、柴犬さんなどたくさんのわんちゃんが散歩に来られていました。
その中で「くうと」はビーグルの女の子に夢中☆
上手にご挨拶して、お別れの時はとても名残惜しそうでした。

またまた、別の日にはドッグランにも行きました。
このドッグランは「くうと」にわんちゃんと触れ合って社会化して欲しいと思い、ワクチンプログラムが終わった頃から通い始めた場所です。
最初は怖がっていて全然他のわんちゃんと遊べなかったのですが、最近では相性のいいわんちゃんが来ていると楽しそうに遊んでいます。
こういう成長を見ると経験と自信を上手く付けてあげないといけないなと実感しました。

こう気候が良くなると、色々な場所に出かけたくなると思います。
そこで、大事な事が3つあります。
1つは狂犬病ワクチンを接種していること
これはわんちゃんには申し訳ないのですが、人間の為にわんちゃんに接種してもらっ
ているワクチンになります。
狂犬病については獣医師のブログで詳しく書いているので、ここでは深くは触れませ
んが、感染すると99%死亡してしまう怖い病気です。

2つ目は適切な種類の混合ワクチンを接種していること
ドッグランや郊外の自然豊かな場所、わんちゃんが多く集まるお散歩場所に行く場合
レプトスピラ症という細菌が入った8種以上のワクチンを接種することで、しっかりとお飼いのわんちゃんを守ってあげることをお薦めします。

3つ目はノミ・マダニ予防を毎月していること
涼しくなってきたからノミやダニも少ないでしょうという話をよく耳にします。
実はこれは大間違いで、マダニは3~4月頃から増加しはじめ、10~11月頃が
本格的な活動時期になります。
山・川・河川敷・公園・庭など身近な場所にいます。マダニに噛まれると、ワンちゃ
であればバベシア症の発症のリスク・人では最近時々ニュースで見かける
重症熱性血小板減少症候群という病気の発症リスクを伴います。
また、ノミ・マダニ寄生してしまうと何よりお家のお掃除が大変になる、正直これが
一番厄介です・・・(*_*)

楽しいお出かけを楽しい思い出にするのは日々の予防がとても大事なことだと皆様にご理解していただければ幸いです(*^^*)

動物病院 京都
動物病院京都 ねこの病院
動物看護師 山脇 友香理