猫の下痢について 2020年度ver

こんにちは。
動物病院京都 獣医師の園田祐三です。

猫の下痢の原因は大きく分けて
①感染症(原虫・寄生虫・細菌など)
②食餌性
③腫瘍
④アレルギー性
⑤ストレス性(精神因)
などがあります。

若い猫であれば、
・感染症
・食餌性
・ストレス
が多いです。
年をとってくると
・感染症
・腫瘍
の割合が増える傾向が高いと感じます。

飼い主様の一番の願いは、
「下痢を早く治し、普通の状態に戻って欲しい」
ことだと思います。
獣医師としても同じ思いで治療していく中で、大事なのは
症状が
急性or慢性
なのかです。

2-3日以内の急性の下痢の場合は、整腸剤の投薬や食餌のケア、環境を整えたりすることで治ることがほとんどです。
2週間以上続いたり、一旦治まっても再発したりする場合は、慢性下痢という範疇になります。
その場合には、精密なチェックをしたほうがいいでしょう。

精密なチェックのメインは、
・レントゲン検査
・血液検査
・超音波検査
です。検査によって、判明した原因の治療を実施すれば慢性下痢でも良くなることがほとんどです。

それでも良くならない場合には、
・内視鏡検査
・生検
・CT検査
などを、飼い主様とご相談しながら方針を決めていきます。

余談ですが、この写真の猫さんは、野良猫さんで蛙を捕まえて、食べていました😅
蛙は、マンソン裂頭条虫という寄生虫をもっていることがあり、ねこにも感染します。野良猫さんは、自由気ままに、蛙をとったりスズメをとったりしますが、平均的な寿命は4-5年と言われています。おそらく、蛙をとってマンソン裂頭条虫をもらって慢性の下痢になり栄養不良になったり、ウィルスにかかって衰弱したりすることが、室内飼育の猫さんより多いからなのだと思います。

慢性の下痢等の場合は、基本に忠実にまず、こういった寄生虫の駆除を並行して治療することも多いです。

下痢とはいえ、いろいろな原因があります。なにかお困りことがあればご相談頂ければと思います。

動物病院京都
代表 獣医師 園田 祐三

猫の皮膚糸状菌症のお話 2020年6月

こんにちは。

当院 動物皮膚科・耳科から皮膚の糸状菌症のお話です。

皮膚糸状菌というのは、いわゆるカビ、です。
そして、意外にも知られていないかもしれないですが、人間にも伝染るんです!!⇒うつる

難しい言葉でいうと
人獣共通感染症
というものです。

人間に感染すると、リング状の皮膚症がでて、痒くなることも多いです。
もしねこちゃん皮膚症状有り、人の皮膚糸状菌症の症状に合致している場合は、人間の皮膚科に直行してください。

また、もう一つトリビア(古っ)です。
皮膚糸状菌症のほとんどは、ねこちゃん、です。わんちゃんもかかることもあるのですが、レアです。

皮膚糸状菌症の症状は、比較的わかりやすいことが多く、脱毛です。
下の写真は、ねこの皮膚糸状菌症の写真です。

皮膚糸状菌症Cat

皮膚糸状菌症2

 

診断は、ウッド灯という紫外線を当てると紫で光ったり、培地に糸状菌を培養したりして判断します。

以下は、皮膚糸状菌症のねこちゃんに、ウッド灯をあてた写真です。

皮膚糸状菌症3

治療は、抗真菌薬の投薬で実施することがほとんどです。少し長めに投薬することが多いです。
また、ねこちゃんがいる環境に糸状菌が潜んでいることが多いので、環境の消毒も必須です。
以下は、治療前後の写真です。

皮膚糸状菌症Cat
↓↓↓↓↓
皮膚糸状菌症_治療後

当院では、ねこの皮膚糸状菌症をよく診察しています。ほとんどのねこちゃんが治療により、毛も生え、きれいな皮膚になります。

ねこの皮膚糸状菌症かなと思ったら、治療期間も短くするようお早めのご受診をおすすめしております。

当院皮膚科耳科では、院長坂口、副院長吉田を中心に全スタッフが皮膚や耳を診察しております。

動物病院京都
獣医師 園田祐三

She looks so young!

こんにちは。
動物病院京都 代表の園田祐三です。

今日は、いつも仲良くお話をさせていただいている飼い主様がお飼いのねこちゃんのご紹介です☆

かわいい猫ちゃん

まずはお写真です(=^・^=)
何歳に見えますか?
なんと、推定16-17歳以上です!
全くそのような老猫さんであるようには見えないですね。
7-8歳でもいいのではないかと思うくらいです。

 

それでも彼女は、猫エイズウィルス陽性で、最近は心臓も悪くしています。(心臓の筋肉⇒心筋が分厚くなる肥大型心筋症 予備軍)
毎日お薬を飲んでいるのですが、飲んだあとは「飲ませたなー!!」と少し不機嫌になるということです💦

猫ちゃんにお薬を飲ませるのはなかなかワンちゃんより大変だと思っています。
チュール含めて色々な工夫をしながら、病気と戦いつつも共存していきたいですね。

動物病院京都 
代表 園田祐三

こねこ乱舞

こんにちは。
動物病院京都 代表の園田祐三です。

京都含め、全国的に梅雨に入りめちゃくちゃジメッとした天気になってきましたね。
自分はインドネシア生まれだからか、ジメッとして暑苦しいのもそんなに嫌いではないです💦

ジメッとしていて暑いと気が滅入ることも多いかと思います。
しかし、これも日本の四季のひとつで、梅雨があるからこそ春の陽気のよさ、夏の暑さが際立っていいものだなと思うとそれはそれで粋なもんです。

梅雨に、しとしと雨が降っているのを室内で聞いていると、物思いに耽ることができ、自分を見つめ直すいい機会にもなりそうです。

さて、動物病院京都グループでは、ねこの病院もあることもあり、子猫さんが多くご来院されます。
野良猫さんの避妊手術や去勢手術なども可能な限りの力添えをしています。(保護猫割引による手術)

写真の子達は、当院 獣医師酒井が今年から引き取らせて頂くことになった、
黒猫の としや ちゃん
虎柄の まさき ちゃん
です。

 

子猫は本当に癒やされますね~☆
猫ちゃんを保護された際は、おうちでどうされるかを相談しつつも、保護されたばかりは健康状態が心配ですので、ひとまず動物病院にご来院いただき身体検査などのチェックをさせてもらえればと思います。

動物病院京都 代表
園田祐三

ストレングスファインダー

こんにちは。

動物病院京都 代表の園田祐三です。

最近、京都市北区から京都市右京区に引っ越しをしました。
右京区には、世界遺産である龍安寺や仁和寺といった名だたるお寺さんが多いです。コロナの影響が大きくあり、コロナ前には観光客でごった返していたお寺の前や、バス停もいまやガランとしています。

 

観光客の方には、京都の経済のためには来ていただきたいと思いつつも、この静けさは昔よく感じていた静かな京都だなあと歩きながらしみじみ思っていたりしました。

そんな静かな京都で思いにふけっていると、色々なことを考えます。

 

さて、わたしは獣医師であるとともに、ストレングスファインダーという自己理解、他者理解、相互理解を深めるための診断ツールを用いて「強み診断士」でもあります。

ストレングスファインダーは、ポジティブ心理学の創設者であるドンクリフトン博士が開発した人の強みを見出すツールです。

何を言い出すのだ!!と思われるかもしれませんが、私は

「相互理解が究極的に進めば、この世から戦争は必ず無くなる」

と信じています。

戦争はもちろんですが、争いやもめごと、ひいては嫌な思いをすることなどのほとんどは、人と人の「相互理解不足」によるものと思っています。

もちろん、相互理解をするだけでは解決できない問題も多々あるかと思いますが、多くの問題においてこの相互理解が重要であることは間違い無いかなと思っています。

 

相互理解って、4文字で難しく言っていますが、簡単にいえば

「お互いまぢでわかり合える」

ってことですね。

でも、これが以外に難しいです😓

なぜかというと わかり合うためには

①自分のことをまじでどんなんなんかを理解している

②相手のことを真の意味で理解している

③お互い理解する

という3プロセスが必要だからです。

この中で、一番のハードルは実は①ではないかなと私は想います。

人類はみな、自分を中心に生きているため、その自分というものに本当には目を向けにくいものだと思います。

そうなると、自分のことがわかっているつもり、でストップしているので、それを軸として判断している相手も、それとなくわかってる、にとどまっていることが多いです。

産み育ててくれた両親と話をしても相互理解まだまだだなと思うことも多いです。

そもそもみんな相手を理解しようとしてないのではないかとすら想います。

 

そんな自己理解、相互理解を助けるツールがストレングスファインダーです。実は自分が欠点と思っているものが実は長所なんだということを思わせてくれるようなツールです。

私はストレングスファインダーの回し者ではまったくないですが笑、やってみると面白いことがわかるかもしれません。

一つだけ欠点は、英語発祥のため、直訳で開設は少しわかりにくいです。解説をしてみてもらいたい!などございましたら、一声お声がけください笑

 

動物病院京都 
代表 園田祐三

京都唯一 動物の耳科(動物の皮膚・耳科)

こんにちは。
動物病院京都 代表の園田祐三です。

コロナショックで、みなさんの生活もなかなか大変な状況ななか、それでもみんなで必死に生きているそんな感じで、過ごしています。
京都市内にお住まいの方も、色々なご苦労があると思いますが、地道にやっていけば必ずコロナには打ち勝てると信じています。
みんなで力を合わせて、難局を乗り切っていければいいなと思います。

当院では、365日24時まで診察をしています。入院についても、他動物病院との違いは獣医師が常にいる、ということです。
トリミング、ワクチンなどの予防から、ハイレベルな手術までを実施しています。
混合ワクチン・狂犬病ワクチン・避妊、去勢手術などはもとより、胆嚢摘出・膀胱結石・会陰ヘルニア・骨折・脱臼・口腔外科・肺外科・腫瘍摘出など様々な手術を実施しています。
その中で、当院ではより専門的な科目として

①皮膚・耳科
②外科・整形外科
③子犬・子猫
④呼吸器科
⑤内科全般

を特徴としてます。
今日は、皮膚・耳科の紹介をしようと思います。
当院では、獣医皮膚科学会に所属し、かつ皮膚科学会会長の皮膚科塾で熟練した獣医師が複数在籍しています。
院長 坂口 邦彦
副院長 吉田 昌平
代表 園田 祐三
です。
皮膚病での困ったや治りがわるい皮膚病。痒みが収まらないなど、皮膚の病気は様々です。
しっかりと原因を究明し、適切な治療を実施しています。
動物にも耳科があります。耳も皮膚の延長と捉えることができます。
当院では、オトスコープという動物の耳を見る内視鏡があり、治りが悪い外耳炎や中内耳炎などに新たな治療を実施しています。

京都で唯一の耳科をもった、当院の皮膚・耳科で、困った皮膚病にしっかり対処していければ幸いです。

動物病院京都 本院
075-465-3330

PETCTを受けました 

こんにちは。
動物病院 京都 代表の園田祐三です。
今日は、動物と全然関係ない話です。

コロナが本格化する少し前に、島津メディカルプラザにある御池クリニックにて、自分自身がPETCTなど健診を40歳にしてはじめて受けました。
そして結果、病気が多数見つかりました💦

いずれも軽症そうですが、気だけは若いつもりですが、40になると色々見つかるのだなあとしみじみ思いました。

昔から好き嫌いなく、何でもごはんは食べるほうで、パンやラーメン、焼きそば含め洋食、イタリアン、和食など様々食べてきました。その中でも最近、パンとかラーメンめちゃくちゃ好きだけど食べるとなんか調子イマイチだなあと思っていたのですが、今回上部消化管内視鏡検査にて、アレルギー性食道炎がみつかり、これが原因だったのか!!と気付かされました。

まだ、なにのアレルギーかは、紹介状をもとに総合病院に行かないとわからないのですが、昔からの経験によりグルテンを疑っています。
お菓子、焼きそば、ラーメン、などなどめちゃくちゃ好きなものばかりなので非常に悲しいのです😭
(まだグルテンアレルギー確定ではないですが)

さらに、ひっかかったのが、便潜血陽性とPETでの大腸ポリープ疑いでした。
大腸ポリープ疑いということで、下部内視鏡検査を実施しました。受けられたことのある飼い主様からは、すぐ終わるとは聞いていたのですが、当日に飲む下剤の効きがあとをひき、ずっと下痢で大変でした。また、入れられているときはやや痛く、みなさんこういった検査を色々受けられていてすごいなあと思いました。
幸い、大腸ポリープはなく、事なきを得ました。

昨日、ねこちゃんの胃腸内視鏡をいれたのですが、吐いたり下痢したりする時に胃カメラ腸のカメラは動物でも良い検査です。
人間でも麻酔をかけることはありますが、犬猫ちゃんの場合は、麻酔が必須なのがすこし飼い主様からは心配なところかと思います。
当院では、最新の麻酔器を使用して、万全の体制で検査を実施しています。リスクはゼロにはならないですが、検査で実施する麻酔は比較的軽いのでいままで、検査にて状態が悪化するということは経験していません。

自分の身をもって、健康診断の重要性を知る、いいきっかけとなりました。
みなさんも、ご自身および飼育されている動物さんの健康診断は早めに受診されることをおすすめします。

久しぶりのブログ更新です。

こんにちは。
動物病院 京都グループ代表の園田祐三です。

2020年4月より、動物病院京都 本院およびねこの病院 院長より、動物病院京都 代表に就任致しました。
本院 院長は、私の大学の同期であり動物病院京都開業当初より診療を一緒にしてきた、当院副院長 坂口邦彦が就任致します。
ねこの病院 院長は、誰よりもねこ好きな当院獣医師 谷田美和子が就任致します。
————–
まずはじめに、よく聞かれるご質問のお答えからです。
Q.「先生は、もう診察しないのですか?」
A.「診察致します!」
(月曜日or火曜日の午前中に診察を継続する予定です。)
————–
2020年4月1日から本院、ねこの病院、西京桂院に続き、京都市中京区に開業させて頂いた京都動物医療センターでは、日曜日診察を担当させて頂いております。
京都動物医療センターでは、診察の獣医師のご指名・ご希望をお聞きしておりませんが、皮膚科に関しては私およびアトピー専門医の獣医師向坂が診察をしております。

これまで以上に、グループ全体でよりよい診察を皆様にお届けできるように、獅子奮迅してまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

動物病院 京都グループ
代表 獣医師 園田祐三

今年は、地震・台風・・・色々な厄災が多い年です。2018年9月

[vc_row][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

ブログを定期的に更新しようと心に決めていても、診察や大学へのリクルート、その他仕事に押されて、なかなか書けていません。(言い訳ですね・・・)

ここ京都市は、大きな災害が比較的少ないかなと思っています。(昔の方もそれもあって都を作ったのかなと。)

それでも、先日の台風では、当院目前、西大路一条の交差点信号機が曲がったり、北野天満宮の南部分では、停電したりと被害がありました。危ないと思って屋内にいましたが、屋内にいても、屋根の一部?などが外を飛び交っていて、流石にこれは危険だなと感じました。

当院は、京都市北区・上京区・右京区の境にあるので、多方面から飼い主様が来られますが、中には倒木でなかなか到着できないなどもありました。

わんちゃんねこちゃんにとってもストレスだったようで、例年より胃腸を崩す子が多い印象でした。

[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/3″][vc_single_image image=”14819″][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]よく聞かれるのは、わんちゃんねこちゃんは「風邪」を引きますか?という質問です。

逆に質問するのですが、人間の風邪ってどんなんですか?
風邪とは、難しくなりますが・・・
「ウィルスによる上部気道感染症。鼻症状がメイン。感染後2-3日以内の発症。症状として、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、頭痛、発熱など。回復に1週間から10日間。」

ということです。
ということで、胃腸崩したから、風邪ですか?と言われると・・・という感じです。わんちゃんには、ケンネルコフという病気があり、直訳すると「犬の咳」という意味ですが、これはいわゆるわんちゃん風邪に相当するものです。実際上記のような症状がでるので的を得ている言い方ともいえます。

まわりくどくなりましたが、胃腸障害がでて、いわゆる風邪みたいなもんですかね?わんちゃんねこちゃんも風邪引くんですかね?と聞かれた際は、
「いつも風邪のような症状を引くことはありますが、胃腸障害のときはいわゆる人間の風邪とは違いますね」
と答えています。

[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/3″][vc_single_image image=”14821″][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]台風や地震など、人間でもストレスに感じるものは、わんちゃんねこちゃんでもストレスを感じると自分は思っています。

そして、人間と同じように、動物もストレスはなく生きるほうがいいとも思います。

人間はちょっとしんどいだけで言葉を発し、今日はしんどいわーとか、顔に出たりしますが、わんちゃんねこちゃんは、それが出にくいです。

昼間の場合はもちろん、夜間に少しでも心配な場合は、24時までの夜間診療部にて、お電話など頂いてから診察をさせて頂くことが可能です。

ちょっとした変化に、人間側が気づいてあげて、早めに治療をしてあげるようにしましょう。

動物病院 京都
院長 園田 祐三[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

動物病院 京都 夜間診療についてのお知らせ 2018年9月

[vc_row][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

夜間診療では、当院初診でも、若くて前触れもないようなわんちゃんねこちゃんが突然死の状態で来院なども、あります。死因は不明なことも多いですが、突然の場合は心臓病などのことも多いので、特に純血種のわんちゃんねこちゃんは、定期的に一般身体検査からレントゲン検査、超音波検査などをおすすめしたいです。獣医師として、飼い主様とわんちゃんねこちゃんがより長く快適に生活していけることをサポートしていきたいと思っております。

去年8月よりスタートしている動物病院 京都夜間診療についての概要です。
夜間診療は、
対象動物:犬・猫
夜間診療時間:20:00~24:00
夜間診療費:4880円より
事前のご予約をおすすめしていますが、緊急の場合は、直接ご来院ください。
22:30以降は、ビル側の自動ドアが閉まっているため、ビル前まで到着しましたらお電話(075-465-3330)頂き、開けさせていただきます。

京都府京都市北区北野下白梅町44-1 Cassiaビル1F
動物病院 京都院長 園田 祐三[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/3″][vc_single_image image=”14784″][/vc_column][/vc_row]

1 2 3 4 5 23