今年は、地震・台風・・・色々な厄災が多い年です。2018年9月

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

ブログを定期的に更新しようと心に決めていても、診察や大学へのリクルート、その他仕事に押されて、なかなか書けていません。(言い訳ですね・・・)

ここ京都市は、大きな災害が比較的少ないかなと思っています。(昔の方もそれもあって都を作ったのかなと。)

それでも、先日の台風では、当院目前、西大路一条の交差点信号機が曲がったり、北野天満宮の南部分では、停電したりと被害がありました。危ないと思って屋内にいましたが、屋内にいても、屋根の一部?などが外を飛び交っていて、流石にこれは危険だなと感じました。

当院は、京都市北区・上京区・右京区の境にあるので、多方面から飼い主様が来られますが、中には倒木でなかなか到着できないなどもありました。

わんちゃんねこちゃんにとってもストレスだったようで、例年より胃腸を崩す子が多い印象でした。

よく聞かれるのは、わんちゃんねこちゃんは「風邪」を引きますか?という質問です。

逆に質問するのですが、人間の風邪ってどんなんですか?
風邪とは、難しくなりますが・・・
「ウィルスによる上部気道感染症。鼻症状がメイン。感染後2-3日以内の発症。症状として、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、頭痛、発熱など。回復に1週間から10日間。」

ということです。
ということで、胃腸崩したから、風邪ですか?と言われると・・・という感じです。わんちゃんには、ケンネルコフという病気があり、直訳すると「犬の咳」という意味ですが、これはいわゆるわんちゃん風邪に相当するものです。実際上記のような症状がでるので的を得ている言い方ともいえます。

まわりくどくなりましたが、胃腸障害がでて、いわゆる風邪みたいなもんですかね?わんちゃんねこちゃんも風邪引くんですかね?と聞かれた際は、
「いつも風邪のような症状を引くことはありますが、胃腸障害のときはいわゆる人間の風邪とは違いますね」
と答えています。

台風や地震など、人間でもストレスに感じるものは、わんちゃんねこちゃんでもストレスを感じると自分は思っています。

そして、人間と同じように、動物もストレスはなく生きるほうがいいとも思います。

人間はちょっとしんどいだけで言葉を発し、今日はしんどいわーとか、顔に出たりしますが、わんちゃんねこちゃんは、それが出にくいです。

昼間の場合はもちろん、夜間に少しでも心配な場合は、24時までの夜間診療部にて、お電話など頂いてから診察をさせて頂くことが可能です。

ちょっとした変化に、人間側が気づいてあげて、早めに治療をしてあげるようにしましょう。

動物病院 京都
院長 園田 祐三

動物病院 京都 夜間診療についてのお知らせ 2018年9月

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

夜間診療では、当院初診でも、若くて前触れもないようなわんちゃんねこちゃんが突然死の状態で来院なども、あります。死因は不明なことも多いですが、突然の場合は心臓病などのことも多いので、特に純血種のわんちゃんねこちゃんは、定期的に一般身体検査からレントゲン検査、超音波検査などをおすすめしたいです。獣医師として、飼い主様とわんちゃんねこちゃんがより長く快適に生活していけることをサポートしていきたいと思っております。

去年8月よりスタートしている動物病院 京都夜間診療についての概要です。
夜間診療は、
対象動物:犬・猫
夜間診療時間:20:00~24:00
夜間診療費:4880円より
事前のご予約をおすすめしていますが、緊急の場合は、直接ご来院ください。
22:30以降は、ビル側の自動ドアが閉まっているため、ビル前まで到着しましたらお電話(075-465-3330)頂き、開けさせていただきます。

京都府京都市北区北野下白梅町44-1 Cassiaビル1F
動物病院 京都院長 園田 祐三

ここ最近のできごと タイガースや夜間診療 2018年4月

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

最近は、すごく暑くなったり、雨が降ったりとやや不安定な天気が続いて、ご来院の動物さんにも、それの影響か嘔吐・下痢といった胃腸を崩したり、膀胱炎になってしまったりと様々です。

最近では、動物病院 京都 ねこの病院の月曜日を特に静かな環境で診察させて頂くために、完全予約診察制をとっています。動物看護師はほぼ常駐させていますが、獣医師は本院とねこの病院を行き来しながらの診察で、少しお待たせなどするかもしれませんが、何卒ご協力頂ければ幸いです。

動物と関係ないですが、今年の阪神タイガースはぼちぼちです。
糸原や梅野、大山、高山などの若手と、福留、糸井などのベテランが混在し、期待感をもたせています。しかし、セリーグの中でも突出して盗塁数が少なく、走塁コーチなど大丈夫かと思っていしまいます。
しかも第1盗塁目が梅野という。ちゃんとやってもらっていると思いますが、なんとかしてほしいですね。

動物病院 京都では、去年7-8月から、24時までの夜間診療を実施しています。
特にお盆、年末年始、SW、GWなどは、夜間診療が増える事が多いのですが、その中でも特に多いのが、
①下痢・嘔吐
②異物(チョコレート、たまねぎ、ネックレスなど人工物、ユリなど毒性ある植物)摂食
③椎間板ヘルニア
④骨折
⑤膀胱炎 おしっこが出ない 何回もいく
⑥爪折れ 爪からの出血
⑦目がしょぼしょぼ 結膜炎 角膜潰瘍など毒性
⑧呼吸が荒い
⑨発作が起きている 発作が止まらない
⑩どこか痛そうだ 元気がない

などが多いです。
特に②異物摂食、⑥爪折れは、日頃からある程度注意していれば起こらないことでもあるので、注意してあげて下さい。
それでも、24時間365日監視出来るわけではないと思うので、もし調子がおかしいと思った場合には、早めにご来院ください。

数日前は、わずか2kgくらいトイプードルさんが、身体のわりには非常に大きな靴下を飲み込んでいました。飼い主様は片方を持ってこられたのですが、こんなに大きいのは飲み込まないだろうとおもったのですが、吐かせる処置をしたところ、かなり大きい靴下がでてきてびっくりしました。

これから、動物病院はどんどん人間の病院のように専門性がより高まっていくと思います。

当院でも、特に皮膚科、整形外科など現在も専門性をもって診ている科目に加え、内科、眼科、画像診断センターなどより専門性をもった診察を皆様に提供してまいりたいと思います。

動物病院 京都
院長 園田 祐三

GW中の夜間救急診察 2018年4月

こんにちは。動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

動物病院 京都 本院では、GW中も休まず診察しております。
一部の日程で 午前中のみの診察となっております。

GW中の夜間救急診察は、

4月29日から5月6日まで

20:00から24:00

実施しています。
GW中に京都市内でお困りの際には、お電話頂ければ 幸いです。
075-465-3330

動物病院 京都
院長 園田 祐三

京都市内の夜間診療・夜間救急 2018年3月

動物病院 京都 夜間救急(動物病院 京都 内)
075-465-3330

こんにちは。
動物病院 京都 院長 園田 祐三です。

当院は、西大路通りと今出川通の交差点から南に30メートルほどのところにあります。
車でのご来院も多くいらっしゃるため、2017年より提携駐車場を2時間無料に拡大しています。
近くの駐車場が満車の場合は、近隣の提携駐車場をご利用ください。

当院では、動物病院 京都 夜間救急 として京都ERセンターにて夜間診療を実施しています。

高性能なICUを配備した入院室や、高機能な麻酔機などにより、帝王切開・支給蓄膿症・骨折・腸閉塞・異物閉塞・椎間板ヘルニア・胃拡張胃捻転・発作重責などの重大な緊急疾患をはじめとして、何か変なものをたべてしまった、急な下痢をしている、吐いている、血が止まらない、元気がない、歩かない、びっこひいている、おしっこが出ない、などの症状にできる限り迅速に対応しています。

京都駅より北側、主に、京都市北区、上京区、中京区、下京区、東山区、左京区、南区、西京区、右京区などの京都市民の皆さまが来院されます。時に、滋賀県や京都市山科区、伏見区よりご来院されることもあります。

京都ERセンター(動物病院 京都内 夜間診療部門 概要)
時間:20:00-24:00
診療動物:犬・猫
診療科目:全科目 内科 外科 整形外科 眼科 神経科 産科 一般診療科 歯科 耳鼻科 皮膚科 循環器科 呼吸器科 消化器科 泌尿器科 行動療法科etc

予約優先制となっております。
時間外診療代がかかります。
夜間診療費 総額の目安(診療代、検査代、治療費含)
簡単な応急処置:1万円前後
比較的急性の症状:2-3万円前後
重篤な症状:3-5万円前後
入院が必要な場合は、ご説明ののち、入院措置となります。
まずは、
075-465-3330
にお電話ください。
(ご来院頂いて、症状を確認させていただく場合が多いです。)

院長の足跡 2月編②

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田祐三です。
北区の端、北野白梅町駅すぐにある動物病院 京都 本院および 京都市上京区 北野天満宮すぐにある 動物病院 京都 ねこの病院の院長をしています。最近はねこの病院にはなかなか顔を出せていないですが、ちょうど1年前に、明石家電視台に、ねこの病院の院長として5度目?のテレビ出演をさせてもらったことを、思い出し、もう1年経ったのかとしみじみとしています。

さて、今回は前回の続きで、自分でも驚きの自分の家にほとんど帰ってないことが、このブログを書くことで判明したところで終わっていました。正直毎日生活していたら、家にどれだけいるかを把握していないようですね。

怒涛の勢いのまま2月第3週に入ります。

19日 月曜 この日も変わらず AM9-12 PM16:30-19:30 夜間診療として20-24時。何件かの夜間診療を診察も、発作や呼吸困難、交通事故など甚急性の緊急疾患は来院されず、ほっとしながら宿直室泊(自分は深夜に事務仕事をするのと、入院の動物を見るために就寝時間は主に4-5時の間)

20日 火曜 夜勤明け。夜勤明けすぐにジムにいき、この日は地方のとある大学にリクルートへ直行。当院の勤務医、また大阪より先輩の獣医師先生と合流し新幹線にて移動。大学に到着後、学生さんに就職説明会を実施後、先生方と懇親会、ホテルには24時ころ到着し、25時ころ就寝。

21日 水曜 地方を午前中に出発し、夕方前に京都に到着。またまた久しぶりのわが家に到着し、ここ2週間ほどの疲労を少しいやす。

22日 木曜 もともとの用事を、あまりの疲労によりリスケジュールしてもらい、ようやくこの日は、1日の休暇をとる。

23日 金曜 午前中ジム。午後から京都市獣医師会の狂犬病予防接種の会議に出席。終了後、京都市内の調査のため、自転車にて2時間ほど京都市内を探索し、夜には昔から懇意にしてもらっている書道の先生と会食。帰りも自転車のため、今日は6時間ほど自転車をこいでいたことに帰宅後気づく。

24日 土曜 この日も普通に診療日。9-12、16:30-19:30,20-24。この日も、数件の診察をして、宿直室泊。

25日 日曜 夜勤明け。夜勤明けに外部企業との会議が多い今日この頃。今日とて、そうゆうスケジュール。自分が空いている時間を見つけて会議をスケジューリングしているので、そうなるのも致し方なしなのですが。10時ころ昼過ぎまで会議し、夜勤明けとはいえ充実した午前中を過ごす。昼過ぎに病院を出発し、ストレッチに出かける。この日は夜には家に戻り、自分の唯一毎週見ている鉄腕ダッシュを録画2倍速で再生し楽しむ。なんだかようやく訪れた静穏のとき。

といった感じでした。途中から自分でももはや訳わからん状態になっていることに、ブログに書いて改めて思います。診察自体は月曜と土曜日だけなので、よく飼い主様に病院におらんやんといわれるのですが、夜間診療、宿直、会議、手術なども含めると意外にも自分の動物病院にいる時間は長いかもしれません。
ふと昼過ぎに、ひょこっと疲れ顔で帰る姿を見つけられた方は、温かい目で見てもらえると嬉しいです(笑)

院長の足跡 2018年2月編①

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

最近バタバタしていて、ブログの更新がなかなかできずにいました。
いつも1ヶ月に1回は最低更新しようと気合を入れるのですが、いつのまにかいつも半年くらい経っていて、自分のブログは誰も読んでいないだろうと思いきや、いつも自分が診ている飼い主様から、最近更新していないなあとお伝えあることもあり、恐縮しています。

当院では、獣医師が自分を含めて計7名在籍しています。7名いるおかげで、年中無休365日、GWや年末年始を含めて、京都の皆様に診療をお届けできているので、当院にご来院頂いている飼い主様にはもちろん、当院で働いてくれているスタッフにも感謝の気持ちでいっぱいです。
また、自分も週何回か夜勤をして、夜まで診療に入り浸っているのですが、京都市内、特に京都駅より北側での夜間診療も、365日週7日24時まで実施できていることも、夜間で急な体調不良などといったときに、お困りの飼い主様を少しでも早く手当てすることができているかなと思っています。
さて、当院の獣医師7名の出身大学は様々で、北は北海道、南は宮崎と全国津々浦々です。大学は、全国的ですが、出身またはゆかりは、京都であることも多いのですが。
よく京都で動物病院を開業した理由を聞かれる事が多いのですが、自分の父の出身地が錦であること含め、親戚がもともと京都に多いということが最大の理由です。また、自分はよく話題にも出しているのですが、インドネシアの帰国子女(笑)、
0-3歳 インドネシア ジャカルタ
3-5歳 大阪?(母の実家が堺)
5-19歳 横浜・東京(世田谷の聖ドミニコ学園、池尻大橋 駒場東邦中高等学校、
さらに少しだけ慶應義塾大学にも行ってました)
20-26歳 大阪(大阪府立大学 獣医学科 母の実家から少し通う)
27-30歳 京都 宇治(父の実家から少し通っていた)
30-38歳 現在 北野白梅町 在住

積算してみると、インドネシア3年 関東15年 関西20年と関西の方が長いにもかかわらず、こてこての関西弁には全然ならず、関西が長いにもかかわらず(2回目!)自分のしゃべる関西弁はおかしいと言われる有様。
なんでやねんとつっこめば、イントネーションが違うなどと言われ、逆に標準語を使っていると、なんで関東弁やねんと突っ込まれることもしばしば。どっちをしゃべればいいのやら。

さて、前置きが長くなりましたが、自分の生活をつらつらとさらけ出します。
今書いているのは、3月の東京帰りの新幹線の中ですが、(最近体調不良が続き、体調も精神も参っています。)2月の予定の一部を振り返ってみたいと思います。

2月
12日 祝日 朝から診療で、この日は夜間診療もある日
祝日のため、午前中は9-12時 午後は14-17時まで診察をして、夜間診療が20-24時を診察する。この日は幸いなことに夜間診療も多くなく、当日は宿直室にて睡眠をとる
13日 火曜 夜勤明け。朝イチで不動産屋さんとの会議。その後ジム、ストレッチにいき、夜22時から友人の動物病院にてセミナーに参加し、終わったのが26時くらい‥(一応繰り返しときますが、この日は夜勤明けです。さらに、下にも書きますが、次の日朝イチの新幹線のため(泣))帰宅後4時に就寝泣
14日 水曜 東京の府中の動物病院(動物救急センター)見学のため、6時起き(2時間しか寝れてないぃ)京都AM7時発の新幹線で、東京へ。そのまま夜まで動物救急診療を見学、夜に呼吸器の先生と会食し、その日は東京泊。(この時点で、体力が底をつきかけ‥)
15日 木曜 午前中のフライトで、リクルートのため北海道へ。北海道に少しだけ早く着いたため、大学の近くの回転寿司で、北海道の美味しい寿司を食べる。自分はあまりやらないが、たまたまご一緒した獣医師の先生と一緒に撮った写真のFacebookタグ付けで、回転寿司屋で撮ったため、Facebook見た別の先生に「先生、北海道楽しそうだね」と言われるも、これまでの経緯を説明するのも面倒くさくLINEで笑顔を返信笑。美味しいものをたべ、底を付いていた体力が僅かながら回復する。
そのままリクルートのため、大学へ直行し、学生たちに当院の説明をして、リクルートを終える。その後、仲良くさせて頂いている全国のデキル先生方と北海道のジンギスカンを食し、さらに少し体力が回復する。北海道泊。ホテルに帰り、PCにて事務仕事して26時ころ就寝。
16日 金曜 昼のフライトで京都に帰り、夕方より、懇意にさせていただいている不動産屋さんで、セミナーに参加。終了次第、ジムに向かう。どこまで自分を追い込むのだろうか。久しぶりの京都泊。
17日 土曜 この日は、普通に 当院にて 午前9-12時 昼 手術 午後 16:30-19:30診察 夜間診療として20時から24時 診察する この日の夜間診療でも発作や緊急オペなどはなく、診察をして宿直室泊。しかし、今日の夜勤はまだ終わらない!!
3時半頃(夜勤中はいつも4-5時まで起きているので起きていた)、いつも自分がよく診察させてもらっているトイプードルさんから電話で、下痢嘔吐がひどいということで、診察することに!!夜中は夜間診療の時間外なので診察できないこともありますが、お近くということもあり、診察。終了したのが、6時くらい。2時間ほど仮眠をとる。

18日 日曜 2時間の仮眠ののち、もとより入っていた外部の企業さんとの会議が10時から始まる。外部の企業さんなのでしゃきっと気合だけ入れながら、会議を済ませ、昼過ぎに病院を出て、から元気のままストレッチに向かう。夜は、会食をしてまた久しぶりの?わが家へ。

勢いそのままに3週目突入!
と思いきや、長くなったので次号で会いましょう。。。
(薄々自分でも気づいていたのですが、自分の家にほとんど居ない・・1週間で数えても10時間とか・・こんな自分の生活を理解してくれる伴侶はいるのだろうか。いまはまだ若い(若いといってもすでにアラフォー)ので仕事優先でしょうがないと自分で言い聞かせながらの毎日。。。)

2017-2018 年末年始は休まず診察しております 2017年12月

こんにちは。
動物病院 京都 本院 および ねこの病院 院長の園田 祐三です。
今年も早いもので、あと数日を残すだけとなりました。
最近は、皮膚科研修や大企業との会議、その他事業の関連した
会議出席などで、東京に出張することが非常に多いのですが、
東京と比べると、京都はやはり一段と寒く、京都は底冷えする
ということが身をもって感じます。
夜間診療を実施していると、最近多いのは、下痢嘔吐などの
消化器症状から、発作(てんかん)などが止まらない、血が
出ている、なにか食べてしまった(人間の薬、チョコetc)などの
ご来院も多いです。

さて
年末年始の診察は以下のスケジュールで実施しています。
当院は年中無休なので、年末年始も時間変則的ではありますが
診察しておりますので、体調の変化などに対応致します。

2017年

・12月29日(金) 通常診察

・12月30(土曜日)から1月4日(木曜日)
①午前診察(午前9時~12時) 有り
②午後 休診
③夜間診療(午後20時~24時) 有り

2018年
1月5日(金曜日)から 通常診察となっております。

なお、時間外(正午12時から午後20時)での緊急診療、急な対応が必要な場合は、
状況に応じ、対応させて頂きます。一度お電話頂ければ幸いです。
(夜間診療、時間外診療は、別途夜間・時間外診療代がかかります。予め
ご了承下さい)

なお
動物病院 京都 ねこの病院は、
2017年
・12月27日(水) 通常診察

・12月28(木曜日)~1月4日(木曜日)
終日休診

2018年
1月5日(金曜日)から 通常診察となっております。

自分の経験として、なぜか年末年始は、動物さんの急な体調変化が、
多いと感じています。何かお困りのことがあれば、お声おかけ下さい。

動物病院 京都
院長 園田 祐三

年末年始 夜間診療を実施しています。 2017年12月

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

年末年始の夜間診療についてです。

年末年始は、通常診察が、午前中までの短縮診察(午後休診)です。
夜間診療(20時から24時)は、実施しており、やや変則的な時間となりますが

①午前中診察 9時~12時 実施
②午後診察 12時~20時 休診(時間外対応 あり)
③夜間診療 20時~24時 実施

となっております。

時間外・夜間診療については、事前連絡して頂き、お時間を取らせて頂いて
からの診察を基本としておりますが、緊急の際には直接ご来院下さい。

動物病院 京都
院長 園田 祐三

夜間診療についてのお知らせ 2017年12月更新

こんにちは。
動物病院 京都 院長の園田 祐三です。

当院では、20時から24時までの夜間診療を実施しています。
特に最近では、気温も下がり、下痢や嘔吐といった症状から、けいれん、発作、呼吸困難、おしっこがでない、元気がない、食欲がないといった重症の動物さんも多く、昼間の診察でも、点滴・注射をしたり、血液検査やレントゲン検査、超音波検査などから病気の根本原因を把握しながら治療を行っております。

当院は、京都市北区の住所ですが、すぐ横は上京区、目の前の西大路を渡ると右京区、少し下にさがると、中京区と区境に位置しているため、京都市内でも様々な地域からの来院が多くあります。夜間診療を始めるとともに、提携駐車場の無料時間を1時間から2時間に致しました。車でのお越しも遠慮なくお伝え下さい。

さて、夜間診療のお問い合わせを頂くので、再度夜間診療の案内をお伝え致します。

<夜間診療対応動物・対応ペット>
犬・猫

<夜間診療対応時間>
20:00~24:00

<夜間診療対応可能診療科目>
内科・外科・循環器科・呼吸器科・泌尿器科・歯科・眼科・消化器科・脳神経科・腫瘍科

<夜間診療の主な具体的な症状>
・けいれん・発作が起きている
・元気がなく、ぐったりしている。横たわっている、とぼとぼ歩いている
・吐いている、下痢している、血便がでている、お腹がはっている
・足が痛い、歩けない、歩きにくい、足をあげている、足を踏んだ、腰が抜けた、抱っこするとキャンと鳴く、段差を登りにくい
・車に轢かれた
・おしっこが出ない、血尿がでている。おしっこの匂いがおかしい
・息がしにくい、息をしていない、咳をしている、舌が青い(チアノーゼ)
・出血している、どこかから出血しているがわからない
・お尻、生殖器から膿がでている、
・爪が折れた
・ノミがわいている、身体を掻きむしっている
・目が赤い、目が痛い、目やにがひどい、目が腫れている、目から血が出ている
・アレルギー症状がでた、顔が腫れている
・歯が折れた、口から血が出ている、口が痛くて食べれない、口臭がきつい
・お水を多量に飲む、おしっこが多い
・発熱している、熱がありそうだ、身体が熱い
etc

※夜間診療は、緊急の場合は、直接のご来院でも受付しております。基本として、前もってのお電話で、症状などをお聞きし、来院時間を設定し、予約にて診療することが多いです。

※夜間診療費(夜間診察料など合算での目安です。)
・簡単な応急処置:10000円まで
・ある程度緊急性の高い病気に対する治療:10000-30000円前後
・急を要する病気:20000円~
(特に多い、痙攣発作が止まらないなどは、原因が多岐に渡り、発作を止めしっかりと治療するため、30000円以上の治療費がかかる場合が多いです。)

特に12月は、寒くなることもあるせいか急な体調の変化が起こりやすい季節です。日中の診察で極力起こし頂ければと思いますが、夜間の急な体調不良の際には、お電話ください。
075-465-3330

動物病院 京都
院長 園田 祐三

1 2 3 4 5 22