夏場の「鼻ぺちゃさん」は要注意!

こんにちは。

動物病院京都の獣医師の小川修平です。

いよいよ梅雨入りで梅雨の後には本格的に京都の夏が始まります。祇園祭など楽しみなイベントもありますが、やはり京都の夏の暑さを想像すると、個人的には今から少し身構えてしまいます。

 

本日はそんな暑い時期に特に「鼻ぺちゃさん」の飼い主さんに知っておいて欲しいお話です。
あなたの家のわんちゃん、「ガーガー」や「ブーブー」などの呼吸の音をしていませんか?そんな方は特に注意が必要です。

 

その呼吸の音が普通だと思っていませんか?
それ、実はすごくしんどいことが身体の中で起こっています!

 

▼最初に本日のポイントまとめ

1) フレンチブルドッグやパグなどの鼻ぺちゃさん(短頭種)は呼吸に問題を抱えやすい
2) 特に暑くなる夏場には窒息死をする可能性がある
3) 緊急の場合には手術(軟口蓋切除)が必要になることがある
4) 手術により呼吸の問題を予防することができる
5) 熱くなる夏場には散歩を控える、首元を冷やすなどの対策が必要である

 

▼ポイント詳細説明

1)フレンチブルドッグやパグなどの鼻ぺちゃさん(短頭種)は呼吸に問題を抱えやすい

短頭種とはそもそも「鼻ぺちゃさん」というのは、シーズー、フレンチブルドッグ、パグ、ボストンテリア、キャバリアなどの犬種さんのことで、正式には「短頭種」と呼ばれています。すごく可愛い子が多く、飼育されている方も多いかと思います。この子たちは鼻が短く、可愛らしい見た目をしていますが、その分、呼吸がしにくいという特徴を持っています。

具体的には、
・鼻の穴が狭い(外鼻孔狭窄)
・鼻から気管への空気の通り道に分厚いカーテンがぶら下がっている(軟口蓋過長症)
・身体の大きさに比べて気管が細い(気管低形成)
などの特徴が挙げられます。

そして、「ガーガー」や「ブーブー」などの呼吸音がする、いびきが多いなどの場合には、喉や鼻が塞がっている可能性があります。

 

2) 特に暑くなる夏場には窒息死をする可能性がある

特に呼吸数が多くなる夏場には、さらに苦しそうな呼吸になり、窒息してしまう可能性があります。もし、夏場に呼吸の様子がいつもと異なり、舌の色が紫色になったり、頑張って呼吸をしている場合には、暑さや興奮により喉が腫れて、窒息してしまう可能性があります。

 

3) 緊急の場合には手術(軟口蓋切除)が必要になることがある

もし、夏場に「ガーガー」「ゼーゼー」という呼吸音がし、しんどそうな様子が認められる場合には緊急の状態の可能性があるため、すぐに病院に来てください。場合によっては、呼吸が出来るように気管にチューブを通す必要や、そのまま、伸びている軟口蓋を外科切除により短くし障害物を無くすことで、呼吸を出来るようにする必要があります。

 

4) 手術により呼吸の問題を予防することができる

当院では、緊急の状態になる前に、鼻と喉の問題を解決する予防的な手術を推奨しています。狭い鼻の穴を広げる手術(鼻腔拡張術)を行うと↓このように鼻の入口の面積を大きく増やすことができ→呼吸気のボリュームをより増やすことができます。

 

また、気管を塞ぐ軟口蓋というカーテンを短くする手術(軟口蓋切除)をあわせて実施することも可能です。

 

この手術により将来的に呼吸の問題を抱える可能性を最小限に抑えることが出来、日常生活も過ごしやすくなります。しかし、手術後、一時的に食べ物が気管に入りやすくなることもあるため、手術後は数日の入院が必要になります。

去勢手術や避妊手術の際に同時に実施することもできますので、費用なども診察の際にもお気軽にお尋ねください。

 

5) 熱くなる夏場には散歩を控える、首元を冷やすなどの対策が必要である

夏場に簡単にできる対策夏場に呼吸がしんどそうな場合には、首元を保冷剤で冷やすことで少し呼吸は楽になります。また、日中の暑い時間にはお散歩を避け、部屋の温度も27~28°Cくらいに保ってあげてください。

 

今まで、夏場にしんどそうだった、呼吸が普段からしんどそう、とお困りの鼻ぺちゃさんの飼い主の皆様、どうぞお気軽にご相談ください。

ねこさんの膀胱炎について

こんにちは。動物病院京都 獣医師の小川修平です。
昨年から当院で勤務しております、京都生まれ京都育ちの生粋の京都人(宇治市民)です。
少しでも飼い主様の不安な気持ちを取り除けるように日々努力して参りますので、改めてよろしくお願い致します。

最近はようやく涼しくなり、お散歩にはもって来いの季節だと感じております。
夏場の猛暑で十分にお散歩できなかったわんちゃんもいると思いますので、是非、たくさんお散歩に行ってあげて下さいね。
同時に、季節の変わり目は人間同様、動物も体調を崩しやすい時期です。
少しの様子の変化でも、動物にとってはかなりしんどい病気のことも多々ありますので、
できるだけ早めにご相談下さいね。

さて、今回はこの時期に多い病気の一つである、ねこさんの膀胱炎について書かせてもらいます。

膀胱炎とは、細菌や膀胱内の結石や、おしっこを我慢するなどが原因で膀胱に炎症が起きる病気です。そして、頻尿やおしっこの量が少ない、おしっこの色や匂いがいつもと違う、などの症状が見られます。

【原因】
ねこさんに最も多いのは、原因がはっきりと分からない特発性膀胱炎です。一説ではストレスが原因だと考えられています。
ストレスとは具体的に、引っ越しや騒音、来客やフードの変更、猫砂の汚れ、飼い主さんの仕事などが多いです。
また、ねこさんは非常に繊細でトイレにこだわりが強いため、トイレが汚れている、トイレが小さい、多頭飼いの場合にトイレの数が少ない、などが挙げられます。
その他の原因として細菌や結石が挙げられます。

【治療】
炎症を抑え、尿量を増やすために点滴を実施する、泌尿器用のフードを食べてもらい尿量を増やす、などの治療を行います。
また、特発性膀胱炎の場合は、ストレス原因を排除を行い、細菌がいる場合は抗生剤を使用します。また、結石が原因の場合は、食餌にて結石を溶かす治療を行いますが、結石が溶けない場合は外科手術が必要な場合もあります。
膀胱炎は再発しやすいため、きちんと食餌で予防を続けて、完治させることが大事です。

【予防法】
まずは、日々の生活でねこさんのストレスを軽減させることが大事です。
トイレは清潔に保たれているか、トイレの数や広さは十分であるか、遊びは十分に足りているか、外が見える場所はあるかなど、ねこさんが快適に過ごせる環境を作ってあげることが大事です。
また、お水をたくさん飲むことで膀胱炎の発症を予防できますので、水を飲みたがる環境を作ってあげることも重要です。

他にも伝えきれないポイントはたくさんあるので、ぜひ直接お尋ねください!

【まとめ】
これから気温が下がり涼しくなると、お水を飲む量が減るので膀胱炎になることが多いです。
普段から、おしっこの様子を良く観察する癖をつけていただき、少しでもおかしな様子があれば病院に連れて来て下さい。早期発見、早期治療をすることで病気が重症化する前に直すことができます。

動物病院 京都
獣医師 小川 修平

狂犬病という病気について 2018年4月更新

[vc_row][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]こんばんわ。動物病院 京都   獣医師 小川 修平です。
自分は動物病院 京都の近くの京都市上京区に住んでいるのですが、桜が一気に満開となり、ちらほら桜吹雪が舞うまでになって、徐々に春の訪れを感じる日も多くなり、今年もプロ野球が開幕するなぁ…なんてことをふと考えながら過ごしています(余談ですが私は15年来熱狂的な中日ドラゴンズファンです。関西在住の阪神タイガースファンの皆様スミマセン笑)

同時に春と言えば狂犬病予防接種が始まる次期だなぁ…なんてことが頭をよぎります。
そこで、本日は狂犬病という病気とはどんなものなのかについて簡単にご説明できればと思います。

まず、狂犬病とはどういう病気なのでしょうか?
狂犬病は、狂犬病にかかった犬や猫やコウモリに噛まれることでウイルス感染し、発症する病気で全種類の哺乳類(犬さんだけでなく猫さんや人にも)に感染し、発症した場合致死率は100%(治療法なし)という恐ろしい病気です

現在、日本では狂犬病の発生は見つかっておらず、狂犬病清浄国と呼ばれているのですが、狂犬病清浄国は日本を含め6地域(アイスランド、オーストラリア、ニュージーランド、ハワイ、グアム、フィジー)しかありません。
日本の近隣諸国では毎年のように狂犬病の発生が認められており、セアカゴケグモやヒアリといった近年日本を騒がせた昆虫類などと同様に、ウィルスという種類は昆虫と違えど、近未来として、いつかは日本に狂犬病が入ってくることがかなりの高確率で起きることが予想されます。

そんな治療法のない狂犬病ですが、唯一防御できる方法があります。
それは予防接種により感染に対する防御を行うことです。
日本に発生がないから予防接種をしなくていいのではなく、発生を防ぐためにこそ狂犬病の接種が必要不可欠になります(狂犬病予防接種は混合ワクチン接種などと異なり、国の法律で接種が義務付けられています)。

つらつらと書きましたが、ポイントをまとめると
・狂犬病は発症すると、致死率100%の怖い病気で人にも感染する
・日本での発生を防ぐために予防接種は必要不可欠
・国で接種が義務付けられている
です。

狂犬病予防接種に来られる際には、身体検査を実施しながら接種します。
その他、病気の相談、しつけやフードの相談など、気になることがあればお気軽にどうぞお伝え下さい。

 

動物病院 京都
獣医師  小川 修平

[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/3″][vc_single_image image=”14239″][/vc_column][/vc_row]

猫の歯肉口内炎について 2017年8月

フリー画像

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
動物病院 京都、獣医師の小川修平です。

当院は、京都市北区、右京区、上京区の区境の西大路通り沿いにあります。

甲子園がとうとう始まりました!今日は大阪桐蔭の初戦!近畿勢には何とか頑張ってほしいものです!笑

今日は猫ちゃんの歯肉口内炎についてツラツラと綴りたいと思います。
実は猫ちゃんは口内炎がとても多い動物なのです。しかも難治性であることもしばしばで意外と厄介な病気です。

百聞は一見にしかずということで、まずは実際の写真からご覧いただきましょう(画像注意)。

結構痛そうですよね…

この歯肉口内炎が起こる理由ですが、口の中の細菌やウイルス、あるいは免疫学的な異常が原因と言われていますが未だに明確な理由は明らかになっていません

症状としては、よだれ開口拒絶口腔内出血食欲低下体重減少等が挙げられます。
お家で最近、

口元を気にしている
食欲がない、あるいは食べようとしても食べていない
よだれで前足や身体が濡れている
痩せてきた

などの様子が見られれば要注意です!

また食欲低下が見られた場合、数日~数週間ご飯を食べないことで肝臓に悪影響が及び肝リピドーシスという病気になり、非常に危険な状態に陥ることもあります。

では当院ではどのような治療を行っているのかというと

歯肉口内炎が重度の場合、根本治療としては基本的には抜歯を行います!
の増殖巣となっている歯を抜いてしまいます!
歯肉口内炎が軽度の場合には
①抗生物質
②抗炎症剤
などの治療で状態が改善してくれるか観察します。
当院では侵襲性の低い口腔内レーザーを用いて治療を行うこともあります。

ちなみに、データ上では全顎抜歯をおこなった60%の猫ちゃんで改善効果が得られています。

歯や口腔内の疾患については予防早期発見が治療をすすめる上でとても大事になってきます。
お家で上のような症状が見られたり、お口の中が赤い様子があればすぐにご相談下さい。
歯のケアの方法がわからない方も、スタッフが歯磨きや歯石予防のご相談や指導にあたらせていただきますのでいつでもご来院下さい!

動物病院 京都
獣医師 小川修平