膝蓋骨の内方脱臼

膝蓋骨とはいわゆる「膝のお皿」のことです。膝蓋骨は大腿四頭筋の中にあり、大腿四頭筋の力を脛骨へしっかりと伝える働きがあります。大腿四頭筋は膝関節を伸ばす働きを持っているため、膝蓋骨が正常に機能していないと膝が伸びなくなり、挙上(足を挙げること)したり、跛行(足を引きずること)したりするようになります。

【正常】

  【脱臼例】

トイプードル、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャテリア、マルチーズなどの小型犬では、膝蓋骨の内方脱臼が多くみられます。内方脱臼とは、膝蓋骨が正常な位置よりも内側に位置している状態のことで、元に戻ったり外れたりを繰り返します。

治療法は、年齢、症状の程度、骨格の変形度合いなどによって異なります。ほとんどの症例では、サプリメントの服用や生活環境の改善など内科治療(保存療法)が適応になります。若齢であったり、症状がひどかったり、骨格の変形がひどい場合には外科療法(手術)が必要になります。

膝蓋骨の内方脱臼は、前十字靭帯断裂を起きやすくすると言われています。特に中齢以上の小型犬では、前十字靭帯断裂による跛行が膝蓋骨脱臼による跛行と混同して診断されていることが多いと思います。跛行が続く場合は、様子を見るのではなく、整形外科専門の動物病院でしっかりと診断してもらうことをおすすめします。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太