猫の下痢について 2020年度ver

こんにちは。
動物病院京都 獣医師の園田祐三です。

猫の下痢の原因は大きく分けて
①感染症(原虫・寄生虫・細菌など)
②食餌性
③腫瘍
④アレルギー性
⑤ストレス性(精神因)
などがあります。

若い猫であれば、
・感染症
・食餌性
・ストレス
が多いです。
年をとってくると
・感染症
・腫瘍
の割合が増える傾向が高いと感じます。

飼い主様の一番の願いは、
「下痢を早く治し、普通の状態に戻って欲しい」
ことだと思います。
獣医師としても同じ思いで治療していく中で、大事なのは
症状が
急性or慢性
なのかです。

2-3日以内の急性の下痢の場合は、整腸剤の投薬や食餌のケア、環境を整えたりすることで治ることがほとんどです。
2週間以上続いたり、一旦治まっても再発したりする場合は、慢性下痢という範疇になります。
その場合には、精密なチェックをしたほうがいいでしょう。

精密なチェックのメインは、
・レントゲン検査
・血液検査
・超音波検査
です。検査によって、判明した原因の治療を実施すれば慢性下痢でも良くなることがほとんどです。

それでも良くならない場合には、
・内視鏡検査
・生検
・CT検査
などを、飼い主様とご相談しながら方針を決めていきます。

余談ですが、この写真の猫さんは、野良猫さんで蛙を捕まえて、食べていました😅
蛙は、マンソン裂頭条虫という寄生虫をもっていることがあり、ねこにも感染します。野良猫さんは、自由気ままに、蛙をとったりスズメをとったりしますが、平均的な寿命は4-5年と言われています。おそらく、蛙をとってマンソン裂頭条虫をもらって慢性の下痢になり栄養不良になったり、ウィルスにかかって衰弱したりすることが、室内飼育の猫さんより多いからなのだと思います。

慢性の下痢等の場合は、基本に忠実にまず、こういった寄生虫の駆除を並行して治療することも多いです。

下痢とはいえ、いろいろな原因があります。なにかお困りことがあればご相談頂ければと思います。

動物病院京都
代表 獣医師 園田 祐三

PETCTを受けました 

こんにちは。
動物病院 京都 代表の園田祐三です。
今日は、動物と全然関係ない話です。

コロナが本格化する少し前に、島津メディカルプラザにある御池クリニックにて、自分自身がPETCTなど健診を40歳にしてはじめて受けました。
そして結果、病気が多数見つかりました💦

いずれも軽症そうですが、気だけは若いつもりですが、40になると色々見つかるのだなあとしみじみ思いました。

昔から好き嫌いなく、何でもごはんは食べるほうで、パンやラーメン、焼きそば含め洋食、イタリアン、和食など様々食べてきました。その中でも最近、パンとかラーメンめちゃくちゃ好きだけど食べるとなんか調子イマイチだなあと思っていたのですが、今回上部消化管内視鏡検査にて、アレルギー性食道炎がみつかり、これが原因だったのか!!と気付かされました。

まだ、なにのアレルギーかは、紹介状をもとに総合病院に行かないとわからないのですが、昔からの経験によりグルテンを疑っています。
お菓子、焼きそば、ラーメン、などなどめちゃくちゃ好きなものばかりなので非常に悲しいのです😭
(まだグルテンアレルギー確定ではないですが)

さらに、ひっかかったのが、便潜血陽性とPETでの大腸ポリープ疑いでした。
大腸ポリープ疑いということで、下部内視鏡検査を実施しました。受けられたことのある飼い主様からは、すぐ終わるとは聞いていたのですが、当日に飲む下剤の効きがあとをひき、ずっと下痢で大変でした。また、入れられているときはやや痛く、みなさんこういった検査を色々受けられていてすごいなあと思いました。
幸い、大腸ポリープはなく、事なきを得ました。

昨日、ねこちゃんの胃腸内視鏡をいれたのですが、吐いたり下痢したりする時に胃カメラ腸のカメラは動物でも良い検査です。
人間でも麻酔をかけることはありますが、犬猫ちゃんの場合は、麻酔が必須なのがすこし飼い主様からは心配なところかと思います。
当院では、最新の麻酔器を使用して、万全の体制で検査を実施しています。リスクはゼロにはならないですが、検査で実施する麻酔は比較的軽いのでいままで、検査にて状態が悪化するということは経験していません。

自分の身をもって、健康診断の重要性を知る、いいきっかけとなりました。
みなさんも、ご自身および飼育されている動物さんの健康診断は早めに受診されることをおすすめします。

肛門嚢破裂について

2020年6月27日更新
こんにちは。
動物病院京都 代表の園田祐三です。
肛門嚢破裂についてです。

わんちゃんには、スカンクのように肛門の両側に臭いをきつく放つ1対(2個)の分泌腺(肛門嚢という)があります。肛門嚢の中身は、基本的にうんちと一緒に出されますが、なんらかの原因によって、肛門嚢が炎症を起こすと、肛門嚢炎になり、さらにひどくなるとそこが破裂し、肛門の周りから出血をしているという、飼い主様からみてもわかるレベルの症状が出ます。 開院してから、すでに何件かの肛門嚢炎からくる肛門嚢破裂を診察しております。 症状:お尻をよく気にしている、床にこすりつけている。しきりに舐める。おしりの周りから出血している。なんとなく元気が無い。 特徴:わんちゃんの肛門周囲の病気の中で最も発生頻度が高い。トイプードルやチワワ、ミニチュアダックス、シーズー、ボストンテリアなど小中型犬に多い。(また、猫での発生もあります。) 当院での治療方針:症状の程度によりますが、肛門嚢炎を起こしている肛門嚢を生理食塩水などで集中的に洗浄します。また、細菌感染を起こしている場合が多いので、化膿止めを投与し、さらなる炎症を防ぎます。基本的には1~2週間程度で、完治する場合が多いです。なお、比較的再発しやすいので、定期的な肛門嚢絞りなどをおすすめします。

また、現在では肛門嚢を外科的に摘出する方法もおすすめしております。全身麻酔下での治療ですが、手術前の検査などで特に大きな異常がない場合は、比較的安全に手術を実施することができることがほとんどです。手術時間は概ね1-2時間以内。入院期間は1泊2日から2泊3日程度のことが多いです。
不明な点などございましたら、当院スタッフまでお声おかけください。

動物病院京都
電話:075-465-3330