京都唯一 動物の耳科(動物の皮膚・耳科)

こんにちは。
動物病院京都 代表の園田祐三です。

コロナショックで、みなさんの生活もなかなか大変な状況ななか、それでもみんなで必死に生きているそんな感じで、過ごしています。
京都市内にお住まいの方も、色々なご苦労があると思いますが、地道にやっていけば必ずコロナには打ち勝てると信じています。
みんなで力を合わせて、難局を乗り切っていければいいなと思います。

当院では、365日24時まで診察をしています。入院についても、他動物病院との違いは獣医師が常にいる、ということです。
トリミング、ワクチンなどの予防から、ハイレベルな手術までを実施しています。
混合ワクチン・狂犬病ワクチン・避妊、去勢手術などはもとより、胆嚢摘出・膀胱結石・会陰ヘルニア・骨折・脱臼・口腔外科・肺外科・腫瘍摘出など様々な手術を実施しています。
その中で、当院ではより専門的な科目として

①皮膚・耳科
②外科・整形外科
③子犬・子猫
④呼吸器科
⑤内科全般

を特徴としてます。
今日は、皮膚・耳科の紹介をしようと思います。
当院では、獣医皮膚科学会に所属し、かつ皮膚科学会会長の皮膚科塾で熟練した獣医師が複数在籍しています。
院長 坂口 邦彦
副院長 吉田 昌平
代表 園田 祐三
です。
皮膚病での困ったや治りがわるい皮膚病。痒みが収まらないなど、皮膚の病気は様々です。
しっかりと原因を究明し、適切な治療を実施しています。
動物にも耳科があります。耳も皮膚の延長と捉えることができます。
当院では、オトスコープという動物の耳を見る内視鏡があり、治りが悪い外耳炎や中内耳炎などに新たな治療を実施しています。

京都で唯一の耳科をもった、当院の皮膚・耳科で、困った皮膚病にしっかり対処していければ幸いです。

動物病院京都 本院
075-465-3330