こんなご時世だからこそ!

 こんにちは。動物病院京都 獣医師 中西寛です。

 暑い日々が続く中、皆様いかがおすごしでしょうか?世間では新型コロナウイルスが再び猛威を振るっておりお家の中で過ごされている方も多いかと思います。そこでこの機会にお家の動物さんを被写体(モデル)にしてiPhone・スマートフォンで撮影会をしてみるのはいかがでしょうか?趣味がカメラ(自称)の撮影時に気を付けたいことについてご紹介します。

1モデルのケア!そして部屋の掃除!

 モデルの子をブラッシングしたり、目やにをしっかりとってあげましょう。また、撮影する場所もしっかりきれいにしてから撮影を開始することをお勧めします。せっかく上手くとれたのに目やにが残ってたとか部屋の映ってほしくないものが移ってたとかは悲しくなります(私は似たようなことがよくありますので )。ついでに部屋の掃除もできて一石二鳥です!

2カメラの撮影は「連射撮影」に!

 動物さんはなにせよく動きます。単発撮影でうまくとれることなど皆無だと私は思います(寝顔ならいけます)。

3「追尾フォーカス」をオンに!

 「撮れた!」と思ったあとによく確認するとピントがずれていることがあります。悲しいです。失敗することはもちろんありますができるだけ失敗しないためにこの機能をお勧めします。

4ある程度「明るさ」のある部屋で!

 明るさがないと全体的に暗い印象の写真になってしまいます。また、明るい部屋でもカメラの機能の「露出補正(EV補正)」を利用すると違った雰囲気の写真がとれますので調節してみてください。

     

 こんなふうに明るさだけでけっこう違います。

 5「おやつ」や「おもちゃ」を活用!

なかなかこちらをむいてくれないときにご利用ください。ただし、すごく近づいてくることがあるので様子みながらご利用ください。また、声掛け・変な音も有効です。

 ほんとに基本的なことですが、皆様のペットライフの助けになれば幸いです。いい写真をとってアイコンにしていきましょう!

 撮影しているときはいつもより動物さんをしっかりみていることが多いです。その際にいつもと違うことに気付かれることもあると思います。その際は、一緒に動画も撮影いただき、ご来院ください。その小さなきっかけが動物さんの幸せにつながるかもしれます。ささいなことでもお力になりますので、お気軽にお尋ねください。

(協力:シャノ・バーマン・ナカニシと城陽市の人々)

PETCTを受けました 

こんにちは。
動物病院 京都 代表の園田祐三です。
今日は、動物と全然関係ない話です。

コロナが本格化する少し前に、島津メディカルプラザにある御池クリニックにて、自分自身がPETCTなど健診を40歳にしてはじめて受けました。
そして結果、病気が多数見つかりました💦

いずれも軽症そうですが、気だけは若いつもりですが、40になると色々見つかるのだなあとしみじみ思いました。

昔から好き嫌いなく、何でもごはんは食べるほうで、パンやラーメン、焼きそば含め洋食、イタリアン、和食など様々食べてきました。その中でも最近、パンとかラーメンめちゃくちゃ好きだけど食べるとなんか調子イマイチだなあと思っていたのですが、今回上部消化管内視鏡検査にて、アレルギー性食道炎がみつかり、これが原因だったのか!!と気付かされました。

まだ、なにのアレルギーかは、紹介状をもとに総合病院に行かないとわからないのですが、昔からの経験によりグルテンを疑っています。
お菓子、焼きそば、ラーメン、などなどめちゃくちゃ好きなものばかりなので非常に悲しいのです😭
(まだグルテンアレルギー確定ではないですが)

さらに、ひっかかったのが、便潜血陽性とPETでの大腸ポリープ疑いでした。
大腸ポリープ疑いということで、下部内視鏡検査を実施しました。受けられたことのある飼い主様からは、すぐ終わるとは聞いていたのですが、当日に飲む下剤の効きがあとをひき、ずっと下痢で大変でした。また、入れられているときはやや痛く、みなさんこういった検査を色々受けられていてすごいなあと思いました。
幸い、大腸ポリープはなく、事なきを得ました。

昨日、ねこちゃんの胃腸内視鏡をいれたのですが、吐いたり下痢したりする時に胃カメラ腸のカメラは動物でも良い検査です。
人間でも麻酔をかけることはありますが、犬猫ちゃんの場合は、麻酔が必須なのがすこし飼い主様からは心配なところかと思います。
当院では、最新の麻酔器を使用して、万全の体制で検査を実施しています。リスクはゼロにはならないですが、検査で実施する麻酔は比較的軽いのでいままで、検査にて状態が悪化するということは経験していません。

自分の身をもって、健康診断の重要性を知る、いいきっかけとなりました。
みなさんも、ご自身および飼育されている動物さんの健康診断は早めに受診されることをおすすめします。

健康診断を受けよう!

こんにちは。
動物病院 京都 国本 将樹です。

今回は大切なペットに長く健康でいてもらうためにはどのようなことをすればよいかというテーマでお話をしたいと思います。

そのためには、
1.日常的なチェック
2.   健康診断
が必要です。

まず、①日常的なチェックについて。以下の項目に変化がないかチェックしてください。
——————-

  1. 元気・食欲
  2. 飲水量
  3. 体重や体格
  4. お散歩(歩く時間が短くなった、歩き方が変など)
  5. 排泄物の色・臭い・量・固さ・回数など
  6. 皮膚(痒みや脱毛)
  7. お口の状態(口臭やよだれ)

———————
これらの項目は日々意識して見てください。
これらに異常があれば、病気が隠れている可能性があるので、一度病院に連れてきてあげてください。

次に、②健康診断について。
人では1年に1回、推奨されている健康診断ですが、ワンちゃんやネコちゃんにとってはどうでしょうか。
どんなことがわかるの?
どのくらいの頻度で受ければいいの?
若くても受けたほうがいいの?といろいろな疑問が浮かぶかと思います。
そのような疑問に答えていきます!

Q. 健康診断ではどのようなことがわかるのでしょうか。
A. 検査項目によって、全身の状態から細かいことまで様々なことがわかります。
少し詳しく説明させていただきます。
●血液検査
貧血や炎症がないか、肝臓や腎臓をはじめとする各臓器の状態や機能を検査します。
●尿検査
腎臓病、泌尿器の病気(膀胱炎・尿路結石)、糖尿病がないかを確認します。
●レントゲン検査
胸部レントゲンでは肺や心臓に異常がないかを、腹部レントゲンでは各臓器が正しい位置にあるか、大きさに異常はないかを検査します。


Q.
健康診断はどのくらいの頻度で行うのが理想的ですか?
A. 5歳を超えたら、できれば1年に2回、少なくとも1年に1回は行うのが理想的です。
ワンちゃんやネコちゃんは1年間で、人間換算で4歳から6歳老いていくと言われています。まだ7歳と思っていても、人間換算にすると45歳になっているのです。病気になる年齢やその進行も人に比べると早いため、人間よりも短いスパンで健康診断を受けることが大切です。


Q. 若くても受けたほうがいいの?
A. 受けられることをお奨めします。
現在の健康状態がどのようなものかを知るためには若い時から情報を蓄積することが大切です。この積み重ねた情報に変化が出てきたら、体調に変化がなくても、身体にはなにか異常が起こっているのかもしれないと分かります。
つまり、若齢であっても健康診断を定期的に受けておくことで、将来の病気の早期発見につながり、食生活や生活環境の見直しのきっかけになります。

さて、ここまで日常のケアを含めた、健康維持のために大切なことを紹介してきました。
少しでも役立てていただければと思います。
元気なワンちゃん・ネコちゃんと楽しい時間を過ごすために、しっかりとケアをしていきましょう!

動物病院 京都 獣医師 国本将樹