椎間板ヘルニア

今回は当院でもかなり症例数の多い椎間板ヘルニアのお話です。椎間板ヘルニアは、約80%は3-7歳齢で発症するといわれています。哺乳類には、頸椎(頸の骨)が7個、胸椎(胸の背骨)が13個、腰椎(お腹の背骨)が7個あります。椎間板ヘルニアは、頸椎、胸椎、腰椎の中でも第2-3頸椎、第12-13胸椎、第13胸椎1腰椎の間で好発します。ダックスフンド、ビーグル、シーズー、ペキニーズ、トイプードル、ウェルシュ・コーギーなどの軟骨異栄養犬種に好発し、特にダックスフンドは他の品種に比べて10倍、椎間板ヘルニアに罹患する危険性があるといわれています。

 

一部を除き、すべての脊椎は椎間板と関節突起関節で連結されています。椎間板が伸び縮みすることで、体幹部に適度な屈曲・伸展・回旋が生じ、スムーズに動くことが可能になります。椎間板の構造は、外側にある線維輪と中心にある髄核で構成されています。線維輪が割れて、髄核が脱出した状態の椎間板ヘルニアをHansen I型、線維輪が変形して、脊髄側に突出した状態の椎間板ヘルニアをHansen II型と呼ばれています。逸脱または突出した椎間板によって、脊髄が圧迫されることで、脊髄の損傷や浮腫が起こり、脊髄障害が発現します。

 

椎間板ヘルニアは様々な症状が認められます。代表的な症状は、元気がない、足がふらつく、歩けないなどです。治療法はには、保存療法と外科療法があります。どちらの治療を行うかはわんちゃんの状態とご家族の意向によって決定します。胸腰部椎間板ヘルニアの代表的な外科療法は、片側椎弓切除術(ヘミラミネクトミー)です。下記の写真の様に片側の椎体(骨)を削って、脊髄と椎間板ヘルニアを露出し、ヘルニアを除去する手術です。

椎間板ヘルニアはある日突然発症して、急速に悪化する場合があります。いつもと様子が違うなど、少しでも変わったことがあれば、いつでもご気軽に当院までご相談下さい。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太

橈尺骨骨折整復術

先日、橈尺骨(橈骨、尺骨)の手術を行いました。橈尺骨は、前肢の手根関節(手首)と肘関節の間にある骨のことで、トイプードル、ポメラニアン、チワワ、イタリアン・グレーハウンド、パピヨン、ヨークシャテリアなどの小型犬で多く発生します。

先日は2例続けて手術を行いました。これは、動物病院あるあるで、同じ病気を持った患者さんが同じタイミングで、入院や手術を受けられることが本当に多いです。今回の手術は、どちらもロッキングプレートとロッキングスクリューという最新の器具を用いて、手術を行いました。手術の翌日には、元気に手術をした手をついて歩いていたので、このまま1ヶ月もすれば骨は癒合して(くっついて)くると思います。

術前

術後

 

骨折はいつ起きるか誰にも予想ができません。ずっと手や足を上げている場合、骨折や脱臼の可能性があります。当院は夜間救急も行っていますので、少しでもおかしいなと思いましたら、まずはお電話していただくといいと思います。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太

膝蓋骨の内方脱臼

膝蓋骨とはいわゆる「膝のお皿」のことです。膝蓋骨は大腿四頭筋の中にあり、大腿四頭筋の力を脛骨へしっかりと伝える働きがあります。大腿四頭筋は膝関節を伸ばす働きを持っているため、膝蓋骨が正常に機能していないと膝が伸びなくなり、挙上(足を挙げること)したり、跛行(足を引きずること)したりするようになります。

【正常】

  【脱臼例】

トイプードル、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャテリア、マルチーズなどの小型犬では、膝蓋骨の内方脱臼が多くみられます。内方脱臼とは、膝蓋骨が正常な位置よりも内側に位置している状態のことで、元に戻ったり外れたりを繰り返します。

治療法は、年齢、症状の程度、骨格の変形度合いなどによって異なります。ほとんどの症例では、サプリメントの服用や生活環境の改善など内科治療(保存療法)が適応になります。若齢であったり、症状がひどかったり、骨格の変形がひどい場合には外科療法(手術)が必要になります。

膝蓋骨の内方脱臼は、前十字靭帯断裂を起きやすくすると言われています。特に中齢以上の小型犬では、前十字靭帯断裂による跛行が膝蓋骨脱臼による跛行と混同して診断されていることが多いと思います。跛行が続く場合は、様子を見るのではなく、整形外科専門の動物病院でしっかりと診断してもらうことをおすすめします。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太

前十字靭帯断裂、TPLO

前十字靭帯とは、膝の中にある靭帯の一つです。前十字靭帯は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)に付着していて、歩くときに脛骨が前にズレないように後ろへ引っ張る働きがあります。そのため、前十字靭帯が完全に断裂(切れてしまうこと)してしまうと歩くたびに脛骨が前へズレて痛みが生じてしまい、足を着けなくなってしまします。

ヒトは、激しい動きをするスポーツ(バスケットボール、サッカーなど)中に前十字靭帯を断裂することが多いです。一方、イヌは特に激しく動くことがなくても、普通の日常生活を送っているだけで断裂してしまいます。その原因の一つにイヌの骨格の要因が考えられています。

TPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)は、骨格を作り変えることで前十字靭帯が機能を失っていても歩くことができるようにする手術です。

術前
 

術後
 

術前は前十字靭帯が完全に切れてしまっているため、脛骨が前へ出ている状態でしたが、術後は脛骨が正常な位置へ戻っているのがわかると思います。(赤い線が脛骨の一番後ろのラインです)

前十字靭帯の手術には、他にも人工靭帯を使った関節外法などの手術があります。現在、犬では前十字靭帯の手術の中で、TPLOがもっとも術後の機能回復が良いと言われています。

前十字靭帯断裂の初期の頃は、症状がほとんどなく、症状があったとしても安静にしていれば2−3日で治ってしまうことが多いです。そのため前十字靭帯が完全に切れてしまうまで気づかないことが多々あります。そのため、少しでも歩き方がおかしいなと思ったら、すぐに動物病院へ相談されることをおすすめします。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太

橈尺骨の骨折

橈骨と尺骨は、前肢の手根関節(手首)と肘関節の間にある骨です。橈骨と尺骨の骨折は、小型犬で多く発生し、橈骨、尺骨とも同時に骨折する場合がほとんどです。地面に前肢を着くことで生じた荷重は、手根関節を介して橈骨と尺骨に伝達されます。その荷重のほとんどは橈骨が支えており、尺骨は骨端部(骨の端)で荷重を少し支えている程度です。このため、橈骨と尺骨の骨折の治療は橈骨を治癒させることが目的になります。

治療法には、外固定、外科療法(手術)があります。治療法は、骨折の種類、患者の状態、ご家族の意向などを総合的に判断して決定していきます。多くの場合、犬や猫の骨折の治療には手術が必要になります。当院では、橈骨と尺骨の骨折の手術にはプレート固定を行うことが多いです。どの手術方法で行っても、10%くらいの確率で様々な合併症(手術における不都合な出来事)が起こると報告されています。

プレート固定で治療した症例

術前
  

手術直後
  

術後1ヶ月
 

この症例では、術後1ヶ月で骨の癒合(くっついている状態)が認められました。通常は1−3ヶ月で骨は癒合してきます。橈尺骨の骨折は、トイプードル、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャテリア、パピヨン、マルチーズ、イタリアン・グレーハウンドなどの小型犬で多く発生します。そのほとんどは、高所からの落下が原因です。小型犬のいるご家庭では、できるだけ高いところに登らせないように注意しましょう。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太

初投稿です。

初めまして、2020年4月より動物病院京都 本院で勤務しています木村亮太と申します。まずは簡単に自己紹介をさせて頂きたいと思います。

2007年 大阪府立大学 農学部 獣医学科 卒業

2007年 獣医教育先端技術研究所(iVEAT) インターン

2008年 藤井寺動物病院・動物人工関節センター 勤務医

2011年 テネシー大学公式認定CCRP(Certified Canine Rehabilitation Practitioner)取得

2014年 藤井寺動物病院・動物人工関節センター 副院長

2019年 大阪府立大学 生命環境科学研究科 博士課程 入学

2020年 動物病院京都 本院 勤務医

      京都動物医療センター 整形外科担当

略歴を見ておわかりの通り、園田、坂口とは大学の同期です。大学を卒業後、iVEATにてアメリカ獣医放射線学会認定専門医の宮林孝仁先生のもとで画像診断(主にレントゲン検査、超音波検査、CT検査)を中心に診察を行っていました。その後は、藤井寺動物病院・動物人工関節センターにて一次診療を行いながら、二次診療にて整形外科、軟部外科、内視鏡外科(腹腔鏡、胸腔鏡)、リハビリテーションなどを担当してきました。

今後は私の専門分野である整形外科(骨折、前十字靭帯断裂/TPLOなど)や画像診断、内視鏡外科などについて色々とご紹介させて頂く予定です。

動物やそのご家族に少しでも笑顔になっていただけるように頑張りますのでよろしくお願い致します。

動物病院 京都
獣医師 木村亮太